東映「初恋」、窪田正孝、内野聖陽ら舞台挨拶

【銀座新聞ニュース=2020年2月19日】大手映画配給会社で、国内映画業界第2位の東映(中央区銀座3-2-17、03-3535-4641)は2月29日に丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で「初恋」の出演者などによる舞台あいさつを開く。

2月28日から一般公開される「初恋」((C)2020「初恋」製作委員会)。

29日10時の回上映終了後と10時40分の回上映終了後に、監督の三池崇史(みいけ・たかし)さんをはじめ、主人公のプロボクサー「葛城レオ」役の窪田正孝(くぼた・まさたか)さん、ジャパニーズ・マフィア「権藤」役の内野聖陽(うちの・せいよう)さん、刑事「大伴」役の大森南朋(おおもり・なお)さん。

ジャパニーズ・マフィア「加瀬」役の染谷将太(そめたに・しょうた)さん、葛城レオに救われる少女「モニカ」役の小西桜子(こにし・さくらこ)さん、ヤクザのヤスの彼女「ジュリ」役のベッキー(べっきー)さんが舞台に登場してあいさつする。

「初恋」は三池崇史さんの、自身初のラブストーリーとなるオリジナル作品で、中村雅(なかむら・まさる)さんが脚本を手掛け、「モニカ」役は3000人のオーディションの中から、小西桜子さんが選ばれた。2019年の第72回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選ばれ、2019年9月27日から全米で公開されている。

物語は天涯孤独の身で類まれな才能を持つ天才ボクサーの葛城レオが、試合でまさかのKO負けを喫し病院へとかつぎこまれるとことからはじまる。そこで、医師から自分の余命がわずかであるという事実を突きつけられ、自暴自棄になりながら歌舞伎町の街を歩くレオの目に男に追われる少女モニカの姿が飛び込んでくる。

ただごとではない様子からレオが反射的にパンチを食らわせた男は、ヤクザと裏で手を組む悪徳刑事・大伴だった。モニカは親の虐待から逃れるため歌舞伎町に流れ着き、ヤクザにとらわれていたという。レオは彼女を救うことを決意するが、その選択はレオがヤクザと大伴から追われる身となることを意味していた。

ウイキペディアなどによると、三池崇史さんは1960年大阪府八尾市生まれ、横浜放送映画専門学院(現日本映画学校)を卒業、1991年にVシネマ「突風!ミニパト隊」で監督デビュー、1995年に「新宿黒社会チャイナ・マフィア戦争」で初の劇場用オリジナル作品を手がけ、Vシネマ「極道恐怖大劇場 牛頭」をカンヌ国際映画祭に出品し、1996年に「極道戦国志 不動」でポルト国際映画祭審査員特別賞を受賞した。

2000年に「オーディション」でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞、2002年に「カタクリ家の幸福」でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞などを受賞している。2011年に「忍たま乱太郎」、2012年に「愛と誠」や「悪の教典」など、2013年に「藁の楯 わらのたて」、2014年に「土竜の唄 潜入捜査官 レイジ(REIJI)」、2015年に「風に立つライオン」、2016年に「土竜の唄 香港狂騒曲」などを手がけている。

チケットは最速抽選・プレミアムを受付中で、20日11時締め切り。先行抽選も受付中で、21日11時締め切り。22日10時から一般発売する。料金は全席指定で2000円均一。作品は「PG12」(12歳未満は、親または保護者の助言・指導が必要)に指定されている。

コメントは受け付けていません。