大丸東京で「絵画市」、平山郁夫、棟方志功、古屋麻里奈ら1000点

【銀座新聞ニュース=2020年3月25日】国内百貨店業界第2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営する大丸東京店(千代田区丸の内1-9-1、03-3212-8011)は3月25日から4月7日まで11階催事場で「春の大絵画市」を開く。

大丸東京店で3月25日から4月7日まで開かれる「春の大絵画市」に出品される上村淳之さんの「翡翠鳥」。

今回は「花鳥が創りだす浄土の世界-上村淳之(うえむら・あつし、1933年生まれ)特集」や戦後の日本画壇に革新を起こし、共に名前に「山」がつくことから「三山」と呼ばれた平山郁夫(ひらやま・いくお、1930-2009)、東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908-1999)、加山又造(かやま・またぞう、1927-2004)の「三山版画特集」など絵画、版画から、「若手画家特集」など幅広いジャンルの絵画1000点を展示販売する。

上村淳之さんの作品は「尉(じょう)びたき」(日本画、税込154万円)、「翡翠鳥(かわせみ)」(日本画、154万円)など。、また、平山郁夫の「流沙・朝」(セリグラフ+黄土岩絵具、352万円)、東山魁夷の「曙」(木版画、99万円)など。

同じくポール・アイズビリの「青い背景の花」。

若手画家は古屋麻里奈(ふるや・まりな、1988年生まれ)さんの「舞呼(まいこ)」(日本画、11万円)、清見佳奈子(きよみ・かなこ、1983年生まれ)さんの「月見桜」(日本画、15万4000円)、出口雄樹(いでぐち・ゆうき、1986年生まれ)さんの「ウォーターホールマンション」(ミクストメディア、51万7000円)など。

ほかに、出品するのは、棟方志功(むなかた・しこう、1903-1975)の「黄衣菩薩図」(倭画、27万5000円)、ポール・アイズビリ(Paul Aizpiri、1919-2016)の「青い背景の花」(ガッシュ、242万円)、中島潔(なかしま・きよし、1943年生まれ)さんの「風少女」(水彩画、55万円)、オリヴィエ・トラモーニ(Olivier Tramoni、1973年生まれ)さんの「禅のブーケ」(油彩・アクリルなど、99万円)など。

営業時間は10時(初日12時)から20時(木・金曜日は21時、最終日18時)。ただし、4月14日まで19時閉店。

注:「尉びたき」の「びたき」は「翁」と「鳥」を合わせた漢字です。

コメントは受け付けていません。