インドは完全封鎖で軟禁生活中、ヨガでストレス解消だが(1)

【モハンティ三智江のインド発コロナ観戦記=2020年4月13日】全世界的に新型コロナウイルスが猛威をふるっている昨今、私ことモハンティ三智江が32年、安宿を経営している東インド、オディシャ(ODISHA)州のベンガル湾沿いの聖地、プリー(PURI)は3月22日からインド全土に3日先駆けてロックダウン(都市封鎖)に入った。

人通りの途絶えたチャクラティルサ・ロード、プリーの東浜のホテル街(「ホテル・ラブ&ライフ(HOTEL LOVE&LIFE)」のベランダより)。

実は4月6日に私は日本に一時帰国する予定で、搭乗するべく予約していたムンバイ発成田空港行きのANA便は欠航、当地にとどまる羽目を余儀なくされた。その後、首都デリー発の日本航空の臨時便が3月末から4月初旬にかけて何便か出て、すでに2139人の在留邦人が脱出し、残るは1000人のみとのことだ。

私は出発を6月に延期したが、2カ月先にはどうなっているか予測もつかず、無事出国できるのかどうか心もとないところ。

軟禁生活も今日(コラムは4月10日に書いている)で20日目、解除まであと4日に迫ったとひと息ついていたら、州はまたしても中央政府を出し抜いて4月末まで延期宣言、ある程度覚悟していたとはいえ、がっくり来ている。

現在、人口4600万人の当州の感染者は49人、日本とほぼ同じ人口の西インドのマハラシュトラ州(州都ムンバイ、息子が在住)が1000人突破して、最悪なのに比べ、ずっと少ないのだが、2人出た時点で完全封鎖に踏み切ったナヴィーン(NAVEEN)州首相、衛生観念がなく、医療設備もお粗末な上、いい加減でルーズな現地民ゆえ、そうせざるを得ない気持ちもわかるが、緊急事態宣言が発動された東京ですら、これほど厳格でなく、住民に行動の自由の余地は残されているはず。

それに対して、インドでは国内外便も、鉄道、バスの他あらゆる公共の交通機関も停止し、監禁状態に等しく、身動きが取れない。

都市封鎖により、客の宿泊を禁じられ、閉業同然のわが「ホテル・ラブ&ライフ」。

わが宿(「ホテル・ラブ&ライフ(HOTEL LOVE&LIFE)」)も、お客を泊めることを禁じられ、閉業同然、無収入へと追い込まれ、スタッフの給与をどう払おうかと考えると、頭が痛い。全世界的に観光産業は大打撃を被っていることはいうまでもない。

日課にしている浜の散歩もかなわず、ひたすら巣ごもり、用もないのに外に出ると、警官の棍棒が待っているせいだ。折々、見張りのパトカーがサイレンを鳴らしながら、物々しく通過していく。電話をすれば、繋がる前に長々と警告され、過剰ともいえる強化措置にはややうんざりしているが、インドの事情を鑑みると、仕方ないのかもしれない。

何せ、13億5200万人(2019年)という中国に次ぐ膨大な人口、中進国でインフラも未整備、共産主義圏と違って強権発動しても、規律にルーズな国民をコントロールする術もなく、感染爆発したら、始末に負えない。

実際の生活面では、英字紙も配達停止してかれこれ10日、WiFiも繋がらず、情報収集に不自由している。完全封鎖するなら、物流が滞ったり(州都経由のブラウンブレッドやケーキが入手不可、地元の素朴なパンは入手可、トイレットペーパーも不足)、野菜バザールか閉まったりとか、住民に生活上の不便がないようにしてもらいたいものだ。

ちなみに、マスクは一時高騰し、品切れ状態だったが、今はやや高値ながら(普段1枚10ルピーが35ルピー(1ルピー=約1.4円で約50円))、出回っている。州政府は9日から、食料買い出しなどやむをえない外出時でも、マスク着用を義務付けた。マスクのない人はハンカチか布で鼻から口元を覆うようにとの指示である。

28州(ほかに9カ所の直轄領)ある全土では、首都デリーにおけるイスラム集会の集団感染が信者の移動で各州に広がり、今現在6761人(4月10日現在)と7000人に届く勢いである。これからロックダウン効果が現れると期待し、感染者数は減ると楽観している国民もいるが、悲観派の私としては、人口からいっても、近日中に万人に達するのは覚悟の上でいる。

インド政府は先日、トランプ(Donald J.Trump)米大統領に威嚇要請され、新型コロナに効くといわれている抗マラリア薬・クロロキンの輸出禁止措置を一部解除したが、インド本国では、効験あらたかとの事例は今のところ、報告されていない。心臓毒性もあり、致死量が少ないため、自殺に使われたりする危険な薬、いずれにしろ、一刻も早い治療薬の登場が待たれる。

自由を剥奪されたコロナ囚人の私はかろうじて、ヨガでサバイバル、ストレス解消して乗り切っている。ヨガ様様様だ!(「インド発コロナ観戦記」は「観戦(感染)記」という意味で、インドに在住する作家でホテルを経営しているモハンティ三智江さんが現地の新型コロナウイルスの実情について書いており、随時、掲載します。モハンティ三智江さんは感染していません。また、息子はラッパーとしては、インドを代表するスターです。13億人と中国に次ぐ世界第2位の人口大国、インド政府は3月24日に全28州と直轄領などを対象に、完全封鎖命令を発令し、25日0時から21日間、完全封鎖しています)

編集注:オリッサ州(Odisha、以前は英語はOrissa)は、インドの南東部にある州の一つで州都はブバネーシュワル。人口は約4372万人(2014年)。公用語はオリヤー語。上記の全土地図(ウイキペディアより)では「19」がオディシャ州。

州名(直轄領名)      州都(首府)             人口(2011年、万人)
1 アーンドラ・
プラデーシュ州                 ハイデラバード         4939
2 アルナーチャル・
プラデーシュ州                      イーターナガル       138
3 アソム州                              ディスプル                    3117
4 ビハール州                          パトナ                         10380
5 チャッティースガル州        ラーイプル                    2554
6 ゴア州                                 パナジ                              146
7 グジャラート州                  ガンディーナガル          6038
8 ハリヤーナー州                  チャンディーガル       2535
9 ヒマーチャル・
プラデーシュ州                     シムラー                         686
10 ジャールカンド州            ラーンチー                    2691
11 カルナータカ州                バンガロール                 6113
12 ケーララ州                       ティルヴァナンタプラム 3339
13 マディヤ・
プラデーシュ州                    ボーパール                    7260
14 マハーラーシュトラ州    ムンバイ              11237
15 マニプル州                      インパール           272
16 メーガーラヤ州               シロン                            296
17 ミゾラム州                      アイゾール                     109
8 ナガランド州                    コヒマ                             198
19 オディシャ州                  ブヴァネーシュヴァル  4195
20 パンジャーブ州               チャンディーガル        2770
21 ラージャスターン州        ジャイプル                   6862
22 シッキム州                      ガントク              61
23 タミル・ナードゥ州       チェンナイ                    7214
24 テランガーナ州              ハイデラバード             3519
25 トリプラ州                     アガルタラ                      367
26 ウッタル・
プラデーシュ州                   ラクナウ                     19958
27 ウッタラーカンド州       デヘラードゥーン        1012
28 西ベンガル州     コルカタ                       9135

A アンダマン・
ニコバル諸島連邦直轄領     ポートブレア        38
B チャンディーガル連邦直轄領   -          105
C ダードラー及び
ナガル・ハヴェーリー連邦直轄領 スィルヴァーサー          34
D ダマン・ディーウ連邦直轄領 ダマン、ディーウ         24291
E ジャンムー・
カシミール連邦直轄領   シュリーナガル(夏季)
ジャンムー(冬季)           1226
F ラダック連邦直轄領     レー                                   27
G ラクシャディープ連邦直轄領 カバラティ                         6
H デリー首都圏         デリー                       1675
I ポンディシェリ連邦直轄領 ポンディシェリ                   124

 

 

コメントは受け付けていません。