「宣言」15日目、高島屋、丸善等大型店休業で日本橋も人が少ない

(写真説明は本文の後にあります)
【銀座新聞ニュース=2020年4月22日】「緊急事態宣言」が出されて15日目となる4月22日は、朝から晴れて、気温も温かく、うららかな日となった。昨夜は夜遅く中央通りを走る車をみてみたが、ほとんど走る車もなく、改めて外出自粛要請が効果をあげていることが感じられた。人の動きはその前からほとんどなくなっている。

NO1

そこで、本日は昨日途中までにした京橋から日本橋方面に目を向けた。日本橋は高島屋が休業しているが、本館にある食品売り場や新館にあるスーパーは運営していた。また、1階の「ピークスピーク カフェ」は時間短縮しながらも営業している。ただ、お客の数は限られていた。

そこから先にある「東京日本橋タワー」内にある飲食店は一部を除いてほとんど休業していたし、さらに「コレド日本橋」もビル全体が休業している。また、高島屋の向かい側にある「丸善日本橋店」もすでに休業している。

NO2

ここの日本橋の銀座寄りは、高島屋と丸善が休業してしまうと、人の流れがほとんどなくなってしまうことがわかる。

むしろ、日本橋では大型ビルよりも、小さな店舗は営業しているところが多い。紳士服の「オンリー(ONLY THINK SUIT)」も21日まで営業していたが、22日から休業した。八重洲仲通りに入ると、小さな店は営業を続けているようだが、カラオケ店が目立つ場所で、いずれも休業していた。しかし、なぜかあるカラオケ店の前の道路工事が行われていた。

そこから昭和通りまで歩くと、途中、大手ゼネコンがビルを建設しているが、歩行者に注意するよう働きかけるスタッフもいる中で、なぜか中ではあんまり工事が行われている気配がなかった。この時期なので、工事時間の短縮を図っているのかもしれない。

NO3

昭和通りに出ると、中華料理店と花屋が軒を並べて営業していた。ただ、中華料理店はランチ中心になっていた。また、京橋にまで行くと、ゴルフショップと喜多方ラーメンが並んでおり、いずれも時間短縮をしている。

面白いのはカフェの「京橋テラス」で平日17時までの営業にしているが、21日夕方にその前を通った時は、17時以降にもかかわらず、客が1組いたので、ガラスをオープンにして営業を続けていた。お客がいるのだから少しぐらいの延長は影響ないということだろう。

京橋には、京橋エドグランと東京スクエアガーデンの大型ビルがあるが、いずれも店舗はコンビニを除いて休業している。だが、東京スクエアガーデンのHPをみると、4月21日から22日までの休業となっている店がなぜか多かったが、実際に行ってみると、いずれも休業を延長し、再開している店はなかった。

NO4

そういえば、依然として、アメリカ産WTI原油の先物価格が安くなっているものの、1バレル=10.92ドルと昨日のマイナス価格からプラス価格に転じた。激しい価格変動は、新型コロナに対する不安心理が影響しているのだろう。日本ではまだメディア段階で、実際にガソリン価格の値下げになるのはこれからだろう。ただ、飛行機、新幹線による移動が大幅に減少している中で、近隣への車の移動が増えることになるかもしれない(「宣言」は緊急事態宣言が出された後の銀座と周辺の風景を随時、掲載します。また宣言は4月7日深夜に発令されましたが、実際に影響を及ぼしたのは8日朝からなので、8日を「初日」としています)。

NO1
21日夜の銀座の中央通りは歩行者がすでに少ないが、車も少ない。普段ならタクシーが並んでいる時間帯だが、1台も並んでいない。

NO5

NO2
日本橋高島屋は全館休業だが、食品売り場は営業しているが、出入りする人はほとんどいない。

NO3
高島屋新館の1階にあるコーヒーショップは営業しているが、人はわずかしかいない。

NO4
全館休業中のコレド日本橋。

NO6

 

NO5
休業中の丸善日本橋。

 

 

 

NO6
22日からの休業を知らせた紳士服店。飲食店はランチだけでも営業している店が多いが、その他の業種では営業している店がどんどん減っている。やはり、高島屋も丸善も休業では、近隣の店も来店客が期待できない。

NO7

 

NO7
京橋テラス。平日17時までの営業だが、撮影の時間帯は17時過ぎだったが、それでも1組の客のために、窓を全開していた。

 

 

NO8
八重洲駅前のみずほ証券の電子掲示板で、一番下にあるWTI原油の価格が10.92ドルを出している。隣にプラス47.64ドルの上昇幅がすごい。

NO8

コメントは受け付けていません。