スウィングシティで、はたけやま裕とマイコが共演

(過去の記事については店舗名、個人名などを検索すると見られます)
【銀座新聞ニュース=2008年7月10日】二條(中央区銀座西2-2、銀座インズ2-2階)が運営するスウィングシティ(中央区銀座6-12-2、東京銀座ビル1階、03-3575-0419)で2008年7月14日にはたけやま裕さんとマイコ(maiko)さんが出演する。

女性でパーカッションを演奏するはたけやま裕(ゆう)さんとジャズバイオリン奏者のマイコさんのほかに、はたけやま裕さんがリーダーを務めるバンド「ユー(YOU)」のピアノの阿部篤志(あべ・あつし)さん、ベースの鳥越啓介(とりごえ・けいすけ)さんが出演する。

はたけやま裕さんは埼玉県生まれ、国立音楽大学を卒業、日本打楽器協会新人演奏会で最優秀賞を受賞、「女子十二楽坊」や津軽三味線奏者の上妻宏光(あがつま・ひろみつ)さんをはじめ、狂言師などとも共演している。

2006年から毎月自分以外はゲスト奏者で編成する「カラーズ」という名称のリーダーライブを行い、リーダーバンド「クラッシュジャズズ」という女性トリオも結成しており、2007年1月に最初のソロアルバム「ザ・バース・オブ・ユー(The
Birth of YOU)」を発売した。

マイコさんは神戸市生まれ、京都市立芸術大学を卒業、1999年4月に上京して、ジャズバイオリンの寺井尚子(てらい・なおこ)さんのライブに通い、独学で学び、同年12月に「第19回浅草ジャズコンテスト」にてベストプレイヤー賞を受賞、2001年に「横浜ジャズプロムナード、ライブ・コンペティション本選」にて向井滋春賞を受賞した。

阿部篤志さんは1975年岡山県倉敷市生まれ、島根大学法文学部法学科を卒業した。中学生のときから吹奏楽部に所属、独学で音楽理論・演奏を学び、大学在学中からプロ活動をはじめ、1998年に大学卒業後、神戸で演奏活動をはじめ、2000年春に東京に拠点を移し、最近は日本フィルハーモニー交響楽団をはじめとするオーケストラとも共演している。

鳥越啓介さんは1975年岡山県玉野市生まれ、高校時代に吹奏楽部に入部し、コントラバスをはじめ、高校卒業後、社会人の傍ら地元のバンドで活動、1997年に上京し、1999年にクラブ系ジャムバンド「ファト(PHAT)」に参加、2001年にメジャーデビュー、2003念に「ファト」を解散、その後、ジャズ、邦楽、ポップス、タンゴなどさまざまな収録などに参加している。

開演時間は19時と21時で、音楽チャージは会員が1680円、会員同伴が2310円、一般が3150円。

コメントは受け付けていません。