自宅勤務中の出勤、電車がガラガラだ、コンサート行きたいよ(304)

【tamaoのOL独り言=2020年5月7日】GWいかがお過ごしでしょうか?昨年は10連休だっていうことで騒いでいたけど、今年は「緊急事態宣言」、最終日だったはずの5月6日、結局延長になってしまって経験したことのないGWになりましたね。緊急事態宣言はGWの休暇に関係はないけれど。

自宅のジャスミン。うちの周り数軒からもジャスミンの香りが漂い、今まさにジャスミンの香りに包まれてます。本当に小さな道だけど「ジャスミン通り」と自分で呼んでます。

ただ、4月末に不要不急の仕事があって、1カ月ぶりに出勤したんですよ。でも、まぁ、驚いた。何が?って電車、普段使っている時間をちょっとだけ時間をずらして通勤したんだけど、何と山手線乗車率3%ぐらいだった。日曜日の遅くに乗車したって、そんなことはなかった。びっくりしちゃった。

混雑回避ということで、間引き運転できないんだよね。JRもすでに定期ということでお金はあるけど、新幹線とか乗車率ゼロ%もあったとか。あんな新幹線を動かしているとなると経費もかかるだろうし、JRだって経営難しいよねー。

まぁ、今までも大変だったこともあったから、それに比べれば大丈夫なんだろうけど、この状態がいつまで続くのか本当に先が見えなくて困るね。恐ろしいことは考えられるけど、あまり考えてもダメだよね。

ところで、在宅勤務1カ月、勤務状況にあまり変わりはないけど、自宅での仕事だとずっとパソコンを見てるから視力が落ちていることを感じる。携帯電話も見えにくくなっちゃって、困る。

今まで会社にいた時はちょっとした時に遠くを見たりできたんだけど、自宅だと近くしか見えないもんね。GWの休みにビデオ見て改善できるとも思えないし。あー、どうしよう。
ただ、いいことはあまり無いけど、買うだけ買って聴けていなかったあるピアニストのCDを聴くことができた。マレイ・ペライア(Murray Perahia)という人。

知り合いの人が急に行けなくなったということでチケットを譲ってもらってコンサートを聞きに行ったの。そしたらそのおじさんが出てきた。

普通にその辺を歩いていたら、おじさんって風貌の方。え?このおじさんピアニスト?って感じだったのだけれど。でも、ピアノを弾き出したら、音がその会場の中を飛び回るような、跳ねるような感じを体感し、感動して思わずCD買ってしまった。

クラッシックに詳しい方、無知でごめんなさいです。いい機会をもらったということで、CD聴きながら作業しています。会議中は聞けないけど。

国内ではユーミンのベスト盤を聴いていて、ユーミンいまやクラシック?なんだけど、ベスト盤の曲の紹介文をユーミン自身が書いていて、その文を読むと、時代を掴(つか)む感覚がよく分かり、新発見しています。昔の曲もちっとも古く感じないって、本当にクラシックだよね。

たぶん、同じように新発見している人も多いんじゃないかなぁ。いろいろ楽しまなくちゃね。そして、大声で言いたい!コンサート行きたい!!(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)

コメントは受け付けていません。