「宣言」49日、銀座三越など百貨店、大型店の再開相次ぐ

(写真説明は本文の後にあります)
【銀座新聞ニュース=2020年5月27日】「緊急事態宣言」が出されて49日目となる5月26日は、関西3府県が解除された21日に続いて、25日に首都圏と北海道が解除され、これにより全面的に「宣言」が解除となった翌日なので、これに伴い、百貨店や大型店の営業再開の発表が相次いでいる。

NO.1

三越伊勢丹ホールディングスの銀座三越(中央区銀座4-6-16、03-3562-1111)と日本橋三越(中央区日本橋室町1-4-1、03-3241-3311)、セイコーグループの和光(中央区銀座4-5-11、03-3562-2111)は5月30日に全館の営業を再開する。

J.フロントリテーリンググループが運営するGINZA SIX(中央区銀座6-10-1、03-6891-3390)と、有楽町のH2Oリテーリンググループの阪急阪神百貨店(大阪府大阪市北区角田町8-7)が運営する阪急メンズ東京(千代田区有楽町2-5-1、03-6252-1381)はいずれも5月29日から再開する。

名古屋鉄道グループのメルサ(名古屋市中区栄3-7-13)が運営するEXITMELSA(中央区銀座5-7-10、03-3573-5511)とメルサGinzaー2(中央区銀座2-7-18、03-3567-2131)、丸井グループの有楽町マルイ(千代田区有楽町2-7-1、03-3212-0101)、読売新聞社グループのマロニエゲート銀座1(中央区銀座2-2-14)はいずれも6月1日に再開する。

NO.2

「銀座ロフト」が入る銀座ベルビア館(中央区銀座2-4-6)は5月26日から再開した。ただし、銀座ロフトは25日から再開している。

すでにJR東日本グループのルミネ(渋谷区代々木2-2-2、JR東日本本社ビル、03-5334-0550)が運営する「有楽町ルミネ」(千代田区有楽町2-5-1、03-6268-0730)は6月3日からを再開する。

松屋銀座店(中央区銀座3-6-1、03-3567-1211)は5月25日に地下1階と地下2階の食品売り場を再開、6月1日から銀座店全館で再開する。

NO.3

J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営する大丸東京店(千代田区丸の内1-9-1、03-3212-8011)も5月7日から1階と地下1階の食品売り場を再開し、26日から全館の営業を再開した。

高島屋グループの日本橋高島屋(中央区日本橋2-4-1、03-3211‐4111)は4月7日の「緊急事態宣言」の発動後も、地下の食料品売り場の営業を継続しており、5月18日から一部の営業を再開し、27日には全館の営業を再開する。

NO.4

ただ、少し変わっているのが休業中の「ギンザシックス(GINZA SIX)」で、1階の路面店にあるグランメゾンの一部がすでに営業を再開していた。「ディオール」や「セリーヌ」、「バレンティノ」、「フェンディ」はすでに営業しており、逆に休業を続けている「サンローラン」が目立っている。

しかも、内部のエスカレーターも稼働し、客なのか関係者なのかわからないが人も入っており、見た目は再開したのか、と誤解してしまう。別の入り口ドアーには全館休業のお知らせが貼られている。

営業時間は三越が全館とも6月12日までは11時から19時までとする。和光は11時から18時。

ギンザシックス(GINZA SIX)は地下2階から5階までは11時30分から19時30分、6階と13階のレストランが11時30分から22時。

NO.5

メルサは当面の間、物販とサービスが11時から19時、飲食店が11時から22時とする。

マロニエゲート銀座1は11時から19時、レストランは11時から23時。

銀座ベルビア館は11時から20時、飲食店は11時から22時。銀座ロフトは11時から19時。

日本橋高島屋は本館が10時30分から19時30分、地下2階のレストランが11時から21時(8階の特別食堂は20時)、新館は1階から5階が10時30分から20時、地下1階が10時30分から21時、6階と7階のレストランが11時から22時。

阪急メンズ東京が当面の間、11時から19時。

有楽町マルイは当面の間、11時から20時。

NO.6

有楽町ルミネは11時から19時。

各店舗では、いずれも従業員のマスク着用と手洗い、うがい、消毒の徹底、出社時の検温実施などを行う一方で、来店客にはマスクの着用、入口での体温測定(サーモグラフィーなど非接触型の体温計で計測)を実施する。エレベーターは身体の不自由な人、ベビーカー利用のお客、妊娠中の女性に制限し、エスカレーターの利用を求めている。

また、専門店では宝飾品のタサキ(TASAKI、中央区銀座5-7-5、03-3289-1111)も営業を再開し、ミキモトは都内では「銀座4丁目本店」(中央区銀座4-5-5、03-3535-4611)について、事前予約制により営業を再開している。

ほかに、銀座ライオンの経営するビヤホールライオン銀座7丁目店(中央区銀座7-9-20、銀座ライオンビル、03-3571-2590)は1階のみ25日から営業を再開している。営業時間は11時30分から20時までにしている。

NO.7

まだ、再開日を決めていないキラリトギンザ(中央区銀座1-8-19)は「東京都の休業要請緩和のステップ2への移行日」を再開予定日と公表している。東急プラザ銀座(中央区銀座5-2-1、03-3571-0109)はまだ再開については、方針を明らかにしていない(「宣言」は緊急事態宣言が出された後の銀座と周辺の風景を随時、掲載します。宣言は4月7日深夜に発令されましたが、実際に影響を及ぼしたのは8日朝からなので、8日を「初日」としています。また、5月4日に5月31日まで延長され、14日に東京都など8都道府県を除く39県が「宣言」を解除され、21日に関西3府県、25日に首都圏と北海道が解除されました。ただし、東京都は独自の緩和への道のりを決めています)。

NO.1
5月30日土曜日から営業を再開する和光(左)と銀座三越。

NO.2
29日から再開すると公表しているギンザシックス(GINZA SIX)だが、ディオールなどの1階路面店ではすでに再開している。

NO.3
同じ1階路面店でも、休業しているイブ・サンローラン。

NO.4
29日に再開する阪急メンズ東京。向かい側の有楽町ルミネは6月3日の再開と遅れる。

NO.5
6月1日に再開するエグジットメルサ(EXITMELSA)。同じビルの中のソフトバンクショップは営業を継続してきた。

NO.6
同じく6月1日に再開する有楽町マルイ。

NO.7
1丁目の皮膚科の抗体検査のお知らせ。およそ1週間前には1万5000円としていた抗体検査費用が、1週間ほどで9000円に値下げされている。

コメントは受け付けていません。