大丸松坂屋画廊で玉井伸弥「遐福」展、鳳凰や龍、麒麟など

【銀座新聞ニュース=2020年6月23日】国内百貨店業界2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営するアートギャラリー「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3572-8886)は6月25日から7月1日まで玉井伸弥さんによる「日本画展-遐福」を開く。

大丸松坂屋百貨店の「アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー(Artglorieux GALLERY OF TOKYO)」で6月25日から7月1日まで開かれる玉井伸弥さんの「日本画展-遐福」に出品される「福来タル」。

日本画家の玉井伸弥(たまい・しんや)さんが自らの手づくりによる染料で染められた古典絵画の絵肌のような和紙に、龍や鳳凰などの幻獣、虎、鶴、兎、金魚、蛙などが表情豊かに描かれた新作30点を展示する。

サブタイトルの「遐福(かふく)」とは、長く久しい年、長生き、大きな幸せ、永遠の幸福の意味で、「降爾遐福=なんじに遐福を降す」(詩経・小雅・天保)からとっており、玉井伸弥さんが「遥かなる永遠の幸福」を願って鳳凰や龍、麒麟を描いたという。

玉井伸弥さんは1994年広島県広島市生まれ、2016年に愛知県立芸術大学美術学部美術科日本画専攻を卒業、在学中の2015年に「第27回三菱商事アート・ゲート・プログラム」で入選(第29、30、31、32回でも入選)、第70回春の院展で初入選、再興第100回院展初入選(第101回でも入選)、三菱商事アート・ゲート・プログラム2015年度奨学生、2016年に東京で個展、2018年に愛知県立芸術大学大学院博士前期課程日本画領域を修了、現在、愛知県立芸術大学非常勤講師、日本美術院院友。

開場時間は10時30分から20時30分(最終日は18時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。