丸善丸の内で大島妙子「きんぴらきょうだい」原画展

【銀座新聞ニュース=2020年6月25日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は7月10日まで3階児童書売り場壁面ギャラリーで大島妙子さんによる「きんぴらきょうだい」原画展を開いている。

丸善・丸の内本店で7月10日まで開かれる大島妙子さんの「きんぴらきょうだい」原画展に展示される絵本の表紙。

絵本作家の大島妙子(おおしま・たえこ)さんが6月18日に絵を手掛けた「食べるのだいすき よみきかせ絵本 きんぴらきょうだい」(文章は苅田澄子=かんだ・すみこ=さん、講談社、税別1400円)が刊行されたのを記念して原画展を開いている。

「きんぴらきょうだい」は大の仲良しのごぼうとにんじんは、きんぴらになるのが夢で、「ごぼごぼ にんにん」を歌いながらいろんな家を訪ねるが、なかなかきんぴらにしてもらえない。そんなときにんじんが、きつねのコックにさらわれてしまう、という内容だ。野菜と仲良くなれる一冊で、巻末には、にんじんとごぼうに関するやさしい解説つき。

大島妙子さんは1959年東京都生まれ、出版社勤務を経て、1993年に「たなかさんちのおひっこし」で絵本作家としてデビューし、主な作品に「ジローとぼく」、「猫吉一家物語」シリーズ、「わらっちゃった」などがある。

開場時間は10時(7月1日から9時)から21時まで。

コメントは受け付けていません。