丸善丸の内で高橋祐次展、芸大デザインN賞受賞

【銀座新聞ニュース=2020年7月20日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は7月22日から28日まで4階ギャラリーで高橋祐次生田宏司さんによる「折れた街展」を開く。

丸善・丸の内本店で7月22日から28日まで開かれる高橋祐次さんの個展「折れた街」に出品される作品。

画家、絵本作家の高橋祐次(たかはし・ゆうじ)さんが新作を中心に展示する。

高橋祐次さんは1993年愛知県生まれ、2016年に横浜美術大学イラストレーションコースをを卒業、卒業制作で金兎賞、2018年に東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画装飾研究室を修了、修了制作で芸大デザインN賞(中島千波賞)を受賞した。在学中の2014年にロイヤルパークホテルの「ザ羽田アート公募」で入選した。

2015年に第16回ピンポイント絵本コンペで優秀賞、東京装画賞の学生部門で銀賞、日本ブックデザイン賞の学生部門で入選、第199回ザ・チョイス(牧野千穂さん選)で入選、2016年に第10回えほん大賞で大賞、「見参 KENZAN」に出品(以降、毎年出品、2017年に準オーディエンス賞、カツミ・ヤマトギャラリー(Katsumi Yamato Gallery)賞、IIDギャラリー賞、2018年にロイドワークスギャラリー賞)し、2017年に「アートのチカラ」に出品(以降、毎年出品)している。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)。

コメントは受け付けていません。