大丸東京で1カ月間「アート」、草間弥生、前田青邨、藤田嗣治ら1000点

【銀座新聞ニュース=2020年7月22日】国内百貨店業界第2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営する大丸東京店(千代田区丸の内1-9-1、03-3212-8011)は7月22日から8月25日まで11階催事場などで「ART-FULL Summer」フェアを開く。

大丸東京店で7月22日から8月25日まで開かれる「アートフルサマー(ART-FULL Summer)」フェアに出品される藤田嗣治(ふじた・つぐはる、1886-1968)の「猫」。

メインの11階催事場では、22日(初日は13時)から8月4日(17時)まで「ダイマル(DAIMARU)大現代アート展-ポストウォー コンテンポラリーアート(The Post War Contemporary Art)-“連帯と絆の世界へ”」を開く。

「芸術を通して連帯と絆の世界へ」をテーマに、国際的な評価の高い草間弥生(くさま・やよい)さんの作品を約30点展示するほか、元永定正(もとなが・さだまさ、1922-2011)、アメリカの画家、アンディ・ウォーホール(Andy Warhol、1928-1987)ら20世紀の巨匠前衛作家の作品を約100点展示販売する。

8月5日から25日まで同じく11階催事場で夏の絵画スペシャルバーゲンを開く。日本画、洋画、版画、インテリアアートまで、約1000点が集まる大バーゲンで、今回は夏の決算大目玉として「税込50万円均一」を9点限りで提供する。また、「お買い得税込10万円均一セレクション」も用意している。

同じく出品されるヒロヤマガタ「フライミートゥザムーン」(シルクスクリーン、10万円)。

主な画家は棟方志功(むなかた・しこう、1903-1975)の「くちなし妃の柵」(板画、税込594万円)、ポール・アイズビリ(Paul Aizpiri、1919-2016)の「ブルーの花瓶の花」(油彩画、896万5000円)、片岡球子(かたおか・たまこ、1905-2008)の「こども」(日本画、385万円)、有元利夫(ありもと・としお、1946-1985)の「遊戯プリント(Print)55」(リトグラフ、154万円)、藤田嗣治(ふじた・つぐはる、1886-1968)の「猫」(墨、水彩、紙、1265万円)。

東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908-1999)の「朝雲」(石版画、110万円)と「夏に入る」(木版画、88万円)、小田切訓(おだぎり・さとし、1946年生まれ)さんの「教会の見える運河」(油彩画、61万6000円)、森田健一(もりた・けんいち、1951年生まれ)の「薫風緑陰」(油彩画、46万2000円)など。

10万円は前田青邨(まえだ・せいとん、1885-1977)の「薔薇(ばら)」(リトグラフ)、ヒロヤマガタ(Hiro Yamagata、1948年生まれ)さんの「フライミートゥザムーン」(シルクスクリーン)、松浦敬文(まつうら・よしふみ、1950年生まれ)さんの「静日」(油彩画)、田中善明(たなか・ぜんめい、1946年生まれ)さんの「モンマルトル」(油彩画)、志村立美(しむら・たつみ、1907-1980)の「口紅」(木版画)など。

営業時間は10時(初日12時)から20時(最終日18時)。

注:「草間弥生」の「弥」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

コメントは受け付けていません。