大丸松坂屋画廊で内田江美展、木炭の線で表現

【銀座新聞ニュース=2020年7月23日】国内百貨店業界2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営するアートギャラリー「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3572-8886)は7月23日から29日まで内田江美さんによる絵画展「線と色彩の痕跡 生命の輝」を開いている。

大丸松坂屋百貨店の「アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー(Artglorieux GALLERY OF TOKYO)」で7月23日から29日まで開かれている内田江美さんの絵画展「線と色彩の痕跡 生命の輝」に出品される「バタフライ(Butterfly)20-20」(キャンバスに油彩、木炭)。

女子美術短期大学を卒業後、服飾デザイナーを経て、作家活動を始めた内田江美(うちだ・えみ)さんが新作約30点を展示する。内田江美さんの作品は、細い木炭で何百、何千と描かれた線が印象的で、キャンバスの上を網の目のように走る線、その間から窺える何度も塗り重ねられた透明感ある色彩の輝きが鑑賞者の心を捉えるとしている。

欧米やアジアなど世界を舞台に作品を発表しており、近年は台湾での活動も多く、2016年には台湾のランドマークである台北101タワーのギャラリーで草間弥生(くさま・やよい)さん、村上隆(むらかみ・りゅう)さんに続き、日本人として3人目の個展を開き、多くの観客を動員した。

内田江美さんは山梨県生まれ、8歳から2004年まで日本画家の安藤峰子(あんどう・みねこ)さんに師事し、女子美術短期大学を卒業、服飾デザイナーを務め、2002年に秋山令一(あきやま・りょういち)さんに銅版画を学び、2005年に個展を開き、2010年に「第3回ヤングアーティストジャパン(Young Artists Japan)2010」で審査員特別賞、2010年に河南省美術館現代美術国際展に出品、2011年に韓国のアートフェアに参加、2016年に台湾で個展を開いている。

開場時間は10時30分から20時30分(最終日は18時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。