ヴァニラでD・ジョンストン「アートワーク」展、「FUN」のジャケット等

【銀座新聞ニュース=2020年7月31日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は8月1日から23日までダニエル・ジョンストン追悼展「Daniel Johnston Exhibition The Story of an Artist」を開く。

ヴァニラ画廊で8月1日から23日まで開かれるダニエル・ジョンストン追悼展のフライヤー。

アメリカのシンガーソングライター、アウトサイダー・アーティスト、イラストレーターのダニエル・ジョンストン((Daniel Johnston、1961-2019年9月10日)は1980年代から40枚以上ものアルバムを制作し、そのシンプルで美しく、ピュアで歪な楽曲は「ニルヴァーナ」のカート・コバーン(Kurt Cobain、1967-1994)らに影響を与え、音楽シーンにおいて神秘的な存在として世界中で支持されている。

ダニエル・ジョンストンは音楽と並行して、主題を同様としたアートワークの制作を続けて、作品内に登場するのは、ひとつ目の不気味な生物や悪魔、彼の永遠の恋人・ローリー、フランケンシュタインなどのモンスター、性と畏敬の対象としての女性、自身を投影したおばけのキャスパーなどを描いている。

今回は、生涯の膨大な作品の中から、1994年に発売された自らのアルバム「ファン(FUN)」のジャケットにも使用した作品をはじめ、カラー作品、モノクロ作品を中心として展示する。また、ポスター類などのコレクションも同時に展示する。

ウイキペディアなどによると、ダニエル・ジョンストンは1961年カリフォルニア州サクラメント生まれ、すぐにウェストバージニア州ニューカンバーランドに引っ越し、1980年代前半から音楽活動をはじめ、自宅で録音したカセットテープを配布するという形で作品を発表し、そのカセットのひとつが地方紙オースティン・クロニクルの音楽評担当者から絶賛された。

1985年にテキサス州オースティンで行われた「ウッドショック・ミュージック・フェスティバル・イン・オースティン(Woodshock music festival in Austin)」に出演し、音楽専門のケーブルテレビ、MTVから注目され、「ニルヴァーナ」のカート・コバーン(Kurt Cobain、1967-1994)をはじめとする多くの音楽家に影響を与え、2005年にはその半生がドキュメンタリー映画「悪魔とダニエル・ジョンストン」として公開されている。

作曲数は500曲を超え、40枚を超えるアルバムの半数以上が今も販売されている。アート作品は、2006年のホイットニー美術館の隔年行事にも出展されている。カート・コバーンが着ていたダニエルの「ハイ・ハウアーユー(Hi、How Are You?)」Tシャツは、2006年にヒューストン・クロニクル紙で「世界中で最も需要の高いインディー・アーチストのTシャツ」と評されている。米国をはじめ、カナダ、ヨーロッパ、日本などでツアーしており、2003年、2010年と来日し、公演した。2019年9月10日夜、臓発作を起こして死去した。享年58歳。

開場時間は12時から19時30分(最終日は17時20分)、入場料は1000円。入場に際してはマスク着用、検温などがある。時間指定有の完全チケット制で、定員制で1時間単位の時間指定で完全入れ替えとなる。ライブポケット(https://t.livepocket.jp/e/6ct6z)を通じて予約する。当日券はない。会期中無休。

コメントは受け付けていません。