ギャルリー志門、荒井喜好、荒井喜好、田原夏紀ら10人展

【銀座新聞ニュース=2020年8月3日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル3階、03-3541-2511)は8月3日から8日まで「10人のアーティスト+α展」を開いている。

ギャルリー志門で8月8日まで開いている「10人のアーティスト+α展」の10人の作品を載せたフライヤー。

10人のアーティストは荒井喜好(あらい・きよし)さんをはじめ、出品している10人を指しており、「α」は観る人を意味し、観る人がいてはじめて作品が完成することからタイトルにしている。

今回、出品しているのは、1956年長野県埴科郡生まれ、1979年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業の荒井喜好(あらい・きよし)さん、画家の石黒喜子(いしぐろ・よしこ)さん、立教大学卒業の岡本真実(おかもと・まみ)さん、1952年東京都生まれ、1975年日本大学芸術学部卒業の木村市松(きむら・いちまつ)さん、画家の小林幸雄(こばやし・ゆきお)さん。

画家の田中勇(たなか・いさむ)さん、1991年埼玉県生まれ、実践女子大学美学美術史学科卒業の田原夏紀(たはら・なつき)さん、1956年三重県松阪市生まれ、同志社大学文学部美学芸術学専攻卒業の刀根千賀子(とねちかこ)さん、1992年京都府生まれ、2015年京都造形芸術大学こども芸術学科コース卒業の安田菜摘(やすだ・なつみ)さん、1962年東京都千代田区生まれ、1984年立教大学経済学部卒業、1985年東京デザイン専門学校グラフィックデザイン専科修了の渡辺泰史(わたなべ・やすし)さん。

開場時間は11時から19時(最終日は17時)、入場は無料。

コメントは受け付けていません。