丸善丸の内で若手画家「COOL ART」展、板垣夏樹、井下彩乃、大前光輝ら

【銀座新聞ニュース=2020年8月10日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は8月12日から18日まで4階ギャラリーで「次世代の主役たちPART3 若手アーティストが夏を彩る COOL ART展」を開く。

丸善・丸の内本店で8月12日まで開かれる「次世代の主役たちパート(PART)3 若手アーティストが夏を彩る クールアート(COOL ART)展」に出品される北嶋勇佑さんの「モンステラ」(木版モノタイプ)。

さまざまなスタイルを持った若手アーティストおよそ20人以上がクール(COOL)で熱い作品を展示する。

今回の出品者は、1991年宮城県仙台市生まれ、2014年に宮城教育大学初等教育教員養成課程美術コースを卒業、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻に在学中の安藤俊己(あんどう・としき)さん、1991年岐阜県岐阜市生まれ、2013年に愛知県立芸術大学油画専攻を卒業の飯沼由貴(いいぬま・ゆき)さん、1990年 アルゼンチン生まれ、2016年に東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業、2018年に同大学大学院美術研究科絵画専攻日本画分野修士課程を修了した板垣夏樹(いたがき・なつき)さん。

1988年奈良県生まれ、2011年に大阪芸術大学スペースデザインコースを卒業した井下彩乃(いのした・あやの)さん、1984年福岡県生まれ、2007年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業、2009年に武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コースを修了した今津奈鶴子(いまづ・なつこ)さん、愛知県立芸術大学日本画専攻を卒業したいろはあやのさん。

1990年大阪府生まれ、2014年に京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科油画分野を卒業した大前光輝(おおまえ・こうき)さん、1992年北海道生まれ、2017年に多摩美術大学絵画学科日本画専攻を卒業、2019年に同大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻日本画研究領域を修了した片野莉乃(かたの・りの)さん、1989年神奈川県横浜市生まれの画家、川上沙織(かわかみ・さおり)さん。

1995年北海道生まれ、武蔵野美術大学造形学部日本画学科を卒業した久保田理世(くぼた・りせ)さん、1988年宮城県生まれ、2011年に東北生活文化大学生活美術学科卒業したしょうじこずえさん、1992年岐阜県生まれ、愛知県立芸術大学美術学部デザイン科を卒業、同大学大学院美術研究科デザイン領域を修了した高津(たかつ)ゆいさん。

1983年東京都生まれ、2006年に武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科を卒業したタカハシカオリさん、1997年大阪府生まれ、2020年に武蔵野美術大学造形学部日本画科を卒業、現在、同大学大学院修士課程美術専攻日本画コース在籍中の寺野葉(てらの・よう)さん、1989年北海道帯広市生まれ、2016年に女子美術大学美術学科日本画専攻を卒業した中嶋彩乃(なかじま・あやの)さん。

2013年に東京家政大学造形表現学科を卒業した藤田(ふじた)まりこさん、1986年佐賀県生まれ、慶応義塾大学文学部を卒業した藤原悠里(ふじわら・ゆうり)さん、1992年東京都生まれ、2018年に東京芸術大学絵画科日本画専攻を卒業、2020年に同大学大学院美術研究科文化財保存学専攻(保存修復油画)を修了した堀口晴名(ほりぐち・はるな)さん、

1990年大阪府八尾市生まれ、神戸芸術工科大学を卒業したマエダトシユキさん、1980年生まれ、神奈川県立上矢部高校普通科美術陶芸コースを卒業、2014年から中国上海剛泰美術館に画家として在籍している山崎和樹(やまざき・かずき)さんら、1987年群馬県生まれ、東京芸術大学日本画専攻を卒業した山崎美季(やまざき・みき)さん。

画家の吉田圭吾(よしだ・けいご)さん、1991年中国・湖南省生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻を修了した李光宗(りー・みつむね)さん、1989年東京都生まれ、2012年に武蔵野美術大学造形学部建築学科を卒業し、2014年に同大学大学院造形研究科修士課程美術専攻版画コースを修了し、現在、武蔵野美術大学芸術文化学科研究室助手の北嶋勇佑(きたじま・ゆうすけ)さんら。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。

コメントは受け付けていません。