銀座三越で高田明美展、クリィミーマミ、うる星やつら等の版画等

【銀座新聞ニュース=2020年9月20日】国内最大手の百貨店グループ、三越伊勢丹ホールディングス(新宿区新宿5-16-10)傘下の三越伊勢丹(新宿区新宿3-14-1)が運営する銀座三越(中央区銀座4-6-16、03-3562-1111)は9月23日から28日まで9階銀座テラス(03-3535-9373)で「高田明美展」を開く。

銀座三越で9月23日から28日まで開かれる「高田明美展」のフライヤー。

「魔法の天使 クリィミーマミ」をはじめとするさまざまなテレビアニメのキャラクターデザインなどを担当し、2018年にデビュー40周年を迎えたイラストレーターの高田明美(たかだ・あけみ)さんが手がけた「魔法の天使 クリィミーマミ」を中心に「きまぐれオレンジ☆ロード」や「うる星やつら」の版画、書き下ろしの原画を展示販売する。

また、「魔法の天使 クリィミーマミ」のクリアファイル、「きまぐれオレンジ☆ロード」や「うる星やつら」の缶バッチ、ポストカードなどの関連グッズも販売する。

高田明美さんは1955年東京都生まれ、多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業、タツノコプロに入社、1978年から1979年までフジテレビ系で放送された「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」のキャラクラーデザインを手掛け、1979年から1980年までフジテレビ系で放送された「科学忍者隊ガッチャマンF」のキャラクターデザインを担当し、1981年に退社し、フリーとして活動、1981年から1986年にフジテレビ系で放送された「うる星やつら」のキャラクラーデザインを手掛けた。

1983年から1984年に日本テレビ系で放送された「魔法の天使 クリィミーマミ」のキャラクラーデザイン、1986年に発売されたOVA「アーバンスクウェア 琥珀の追撃」のキャラクラーデザイン、1986年から1988年にフジテレビ系で放送された「めぞん一刻」の第27話(1986年9月24日)から第96話(1988年3月2日)までのキャラクラーデザイン、1987年から1988年に日本テレビ系で放送された「きまぐれオレンジ☆ロード」のキャラクラーデザインを担当した。

1989年から1990年に日本テレビ系で放送された「機動警察パトレイバー」のキャラクラーデザイン、1992年にOVA「リカちゃん」シリーズ第3弾「リカちゃんの日曜日」のキャラクラーデザイン、1998年にテレビ東京系で放送された「魔法のステージ ファンシーララ」のキャラクラーデザイン、2016年にTOKYO MXで放送された「ココとニコ(CoCO&NiCO)」のキャラクラーデザインを担当した。2007年に自身のジュエリーブランド「エンゼル・ミソス(ANGEL MYTHOS)」を立ち上げ、現在は宝飾デザイナーとしても活動している。

26日15時から17時まで高田明美さんが来場し、サイン会を開く。期間中、会場で原画または版画を購入すると、先着100人まで直筆サイン入り色紙をもらえる。

開場時間は10時から20時(最終日は18時)まで。

コメントは受け付けていません。