インド、感染爆発で米国を抜く日も、UFO目撃でパワーをもらう??(39)

【モハンティ三智江のインド発コロナ観戦記=2020年9月25日】本日9月15日、インド全土の感染者数は493万人、新規感染者数9万2000人超を加えると、500万人以上に膨れ上がった。予想したよりも2週間も早く、500万台人に乗ったことに、私も苦い面持ちを隠せない。

ボリウッド界の若手スーパースター、スシャント・シンの突然の自殺死は、コロナ禍を差し置いて、世間を賑わせた。 最優秀新人男優賞、最優秀主演男優賞など、数々の受賞歴があり、卓抜な演技力とダンス力で、観衆を魅了した。モディ首相も、あたら若い才能が散ったことを惜しみ、最大級の弔意を示した(画像はウイキペディアより)。

いくら回復率が高いからといって、実質陽性者もミリオン超え、死者も8万人余、この調子で増え続けると、アメリカを抜いて世界ワーストになるのも、時間の問題になってきた。

いったんは封じ込めに成功した首都デリー(Delhi)も、マハラシュトラ州(Maharashtra)の最悪感染都市プーネ(Pune)に次いで、20万都市へと成り下がり、ミリオン超の西インド・マハラシュトラ州に次いで南のアンドラプラデシュ州(Andhra Pradesh)が56万超と恐ろしい勢いで急増している。東部の当オディシャ(Odisha)の南隣ということもあって、安穏としていられない。

かくいう当州も、16万人弱と感染拡大が止まらず、ナヴィーン(Naveen Patnaik)州首相は先ごろ、急増する第一要因として、隔離義務を怠る人々を糾弾、私自身、ソーシャル・ディスタンスを守らぬ地元民(息子も含めて)に辟易していたため、わが意を得たりであった。

人から人へと媒介する感染症ゆえ、ルーズな人々の行動パターンが蔓延に一役買っていることはいうまでもない。

南アジアに比べ、東南アジアはずっと少ないが、ベトナム人など、インド人に比べると、素朴で比較的勤勉な国民性という印象を受ける。シンガポールも、政府が厳格で、街中も清潔、不衛生なインドとは大違いだ。

スシヤント・シンの訃報に、ショックを隠し切れなかった息子。ラッパー(芸名Rappers Big Deal)として、彼主演の映画のテーマ曲に関わったこともあった。

結局、インドが天井知らずに暴走し続けるのは、13億人以上という膨大な人口の国民が規律を守らないのに由来し、世界最悪になるのも、当然といえば当然の成り行きだ。

何せ、インドのメディアでコロナより話題になっているのは、ボリウッド界(西インドの商都ムンバイ=Mumbai=をベースとするヒンディ映画界を、旧名ボンベイのハリウッドという意味で、もじってこのように通称)の期待の若手映画スター(スシャント・シン・ラジプート=Sushant Singh Rajput=、1986-2020)の自殺事件(6月14日34歳没)、なのだ。

最初は、鬱による首吊り自殺との報道だったが、事件が徐々にミステリー性を帯び、殺人騒動にまで発展、中央捜査機関が調査に乗り出す事態になった。結婚前提の恋人だった女優(リア・チャクラボルティ=Rhea Chakraborty)が、被害者の銀行口座から日本円にして6億円以上もの大金を引き出していた事実が明るみに出、大麻を与えていた事実も発覚、自殺幇助の罪で逮捕されるに至った。

こうしたスキャンダラスなゴシップが、メディアのトップを飾り、コロナは二の次、ウイルス蔓延に真摯に取り組む報道姿勢の欠如著しい。

実は、テレビ界上がりの故人スター・スシャントの主演映画のテーマ曲を過去、息子(職業はラップミュージシャン、芸名Rappers Big Deal)は請け負ったことがあり、芸能界の一人として内輪話にも詳しいのだが、それによると、恋人リアの悪女ぶりを口を極めてけなしていた。

ひと月半後には、コロナ感染者が1000万人の大台に乗ってしまうという緊急非常事態下、スターのゴシップ話に浮かれている国民性には、呆れ返るばかりだ。ナヴィーン州首相が、地元民を責めたくなる気持ちもわかる。

ノープロブレムの超能天気国民は、それがどうしたと開き直って、世界ワーストへの道を突っ走り続ける。後は野となれ、山となれ、インド人の暴走を食い止めることは、誰にも出来ない。まったく、しょうがないなぁ、インド人はと、大仰なボヤキが洩れ出る昨今なり。

●身辺こぼれ話/コロナ下のUFO目撃!

昨夕、9月14日の18時30分から19時の間、我が家の屋上で日課の体操を行った後、ぽつぽつと星が瞬き始めた逢魔時(おうまがどき)の空を眺めていると、星のひとつと思い込んでいた白い光が、前後左右に揺れだした。

この現象は、何年か前に浜でも目撃したことがあり、そのときは、もしかして UFOとすわっとなったものだったが、確証はなく、日にちが過ぎるにつれて、目の錯覚だったのだろうと、思うようになっていた。

というのも、白い星に似た光が前後左右に揺れるだけで、大きな動きはなかったからだ。もしかして、首が痛くなるほど見上げている自分の体が揺らいでいるから、星が動いて見えるのかなと思い、まさかUFOと疑いつつ、確信のないままに終わったのだった。

ただそのときの目撃談を、ブログ(インドで作家業)に掲載したことは覚えている。確証はないが、UFO?という記事内容だった。

今回は、私の疑念を払拭するかのように、星粒に似た白い光は前後左右に動いた後、高速度で距離を進み、目で追ううちに、私の体は半回転、90度向こうの空まで行ったのだ。

高度は星と同じくらいに高く、飛行機だと、もう少し低空だし、赤い点滅がなく、動きもこのように高速度でない。とにかく、前後左右に揺れながら、するするとあっというまに半回転してたのだ。

もう絶対 UFOに間違いないと、思った。ひとりでに口から感嘆のつぶやきが洩れた。
「わあ、UFO見ちゃったよー、UFO、確かにUFOだ、わーい、やっほー、UFO見れたよー」
かなり興奮していたと思う。

私は若いときから、不思議大好き人間で、 雑誌記者だったとき、UFOプロデューサーの矢追純一(やおい・じゅんいち、元日本テレビディレクター、UFOに超詳しい専門家)にインタビューしたこともあるし、スプーン曲げの超能力者、清田益明(きよた・ますあき)に大型スプーンをぐるぐるねじり曲げに目前でしてもらったこともある。座禅中の禅僧の脳波を計ってアルファ波が出ている実験もやった。

長年、一度でいいからUFOを目撃したいと思いつつ、そうした幸運には巡りあわず、現物にお目見えしたのは近年になってからだ。

ここ数日、私はバシャール(オリオン座近くのエササニ星人で、ダリル・アンカ=Darryl Anka=という68歳のカナダ出身アメリカ在住男性をチャネラーとして、地球人にメッセージを伝えている。関連著書多数)の動画を頻繁にチェックしたり、 最近、日本で目撃されたUFO動画や、UFOが世界一よく見えるというアルゼンチンの町で日本人取材班がカメラに撮影した動画もチェックしていた。

昨冬、宇宙人やUFOをテーマにした短編小説、「トールホワイト」も、金沢最大の地元紙・北国新聞社が刊行する季刊文芸誌「北国文華」にも発表していた。石川県羽咋市の宇宙科学博物館コスモアイルを訪ねたときの体験が元になっている。知る人ぞ知る、石川県の能登半島はUFOがよく目撃される地域として有名なのだ。

ちなみに、トールホワイト(のっぽの白人)とは牛飼い座の一等星アークトゥルスが母星のエイリアンで、身長2-3メートル、年齢は700-800歳、ブロンドで青い目の北欧系の美形と、地球人に酷似した容姿を持つ。唯ひとつ顕著な違いは、膝の裏の関節が逆屈曲しているということた。文章で表現するのが難しいのだが、反対側に直角に飛び出ているのだ。

これから、ルーフタイムは、空を見上げてUFOの飛来を待ちわびるワクワク楽しい時間となりそうだ。わーい、やっほーというハイな気分を保つためにも、願わくばしょっちゅう現れてほしいものだ。次回は、交信にトライしたい。

UFOパワーをもらった私は本日は、すっきり爽やか、高揚した気分が続いており、至極上機嫌だ。
(「インド発コロナ観戦記」は「観戦(感染)記」という意味で、インドに在住する作家で「ホテル・ラブ&ライフ」を経営しているモハンティ三智江さんが現地の新型コロナウイルスの実情について書いており、随時、掲載します。モハンティ三智江さんは福井県福井市生まれ、1987年にインドに移住し、翌1988年に現地男性(2019年秋に病死)と結婚、その後ホテルをオープン、文筆業との二足のわらじで、著書に「お気をつけてよい旅を!」(双葉社)、「インド人には、ご用心!」(三五館)などを刊行しており、感染していません。

また、息子はラッパーとしては、インドを代表するスターです。13億人超と中国に次ぐ世界第2位の人口大国、インド政府は3月24日に全28州と直轄領などを対象に、完全封鎖命令を発令し、25日0時から21日間、完全封鎖し、4月14日に5月3日まで延長し、5月1日に17日まで再延長、17日に5月31日まで延長し、31日をもって解除しました。これにより延べ67日間となりました。ただし、5月4日から段階的に制限を緩和しています。

9月23日現在、インドの感染者数は556万2663人、死亡者数が8万8935人、回復者が449万7867人、アメリカに次いで2位になっています。州別の最新の数字の把握が難しく、著者の原稿のままを載せています。また、インドでは3月25日から4月14日までを「ロックダウン1.0」とし、4月14日から5月3日までを「ロックダウン2.0」、5月1日から17日までを「ロックダウン3.0」、18日から31日を「ロックダウン4.0」、6月1日から6月末まで「アンロックダウン(Unlockdown)1.0」、7月1日から「アンロックダウン2.0」と分類していますが、原稿では日本向けなので、すべてを「ロックダウン/アンロックダウン」と総称しています。

ただし、インド政府は5月30日に感染状況が深刻な封じ込めゾーンについては、6月30日までのロックダウンの延長を決め、著者が住むオディシャ州は独自に6月末までの延長を決め、その後も期限を決めずに延長しています。この政府の延長を「ロックダウン5.0」と分類しています)

コメントは受け付けていません。