丸善日本橋で菅野栄子の手作り皮革バッグ展

【銀座新聞ニュース=2020年9月27日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は9月30日から10月6日まで3階スパインスペースで菅野栄子さんによる「紫工房のHANDBAG展」を開く。

丸善・日本橋店で10月6日まで開かれている菅野栄子さんの「紫工房のハンドバッグ(HANDBAG)展」に出品されるバッグ。

「紫工房」を主宰する菅野栄子(すがの・えいこ)さんが手作りの皮革のバッグ類を出品する。菅野栄子さんのバッグは金具類を一切使わないデザインと明快な色彩で、しかも1枚の革を裁断して使用し、セカンドバックとしても重宝されており、すべて手作りとなっている。

菅野栄子さんは1991年から1992年にかけて、英国ロンドンのコードウェイナーズテクニカルカレッジのレザーグッズコースで学び、2004年から作品を発表し、2009年からは海外のクラフトフェアなどに出品している。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は17時)まで。

コメントは受け付けていません。