シモンズが有楽町にセミダブルの「ハロウィンマットレス」

【銀座新聞ニュース=2020年10月23日】アメリカのベッドメーカー、シモンズ(Simmons Bedding Company)の日本法人、シモンズ(港区芝4-1-23、三田NNビル、03-5765-3121)は10月31日まで「シモンズギャラリー東京」(千代田区有楽町2-2-3、ヒューリックスクエア東京、03-3575-7720)で「ハロウィンマットレス」を展示している。

シモンズが10月31日まで「シモンズギャラリー東京」に展示している「ハロウィンマットレス」。非売品だが、かぼちゃオブジェも配置し、見て楽しめる。

シモンズでは「見て楽しむハロウィン!」をテーマに、「ハロウィンマットレス」を作り、ギャラリー東京で公開している。パンプキン(かぼちゃ)をイメージさせるオレンジ色の側生地、表面は黒の生地で、そこにジャック・オー・ランタンの顔があり、ハロウィン仕様にしている。

クッションもハロウィンを感じさせるものが配置され、マットレス周辺にはさまざまな表情のかぼちゃオブジェが飾られている。

中身は本物のマットレスで、厚さ34.5センチ、セミダブルサイズ(幅120センチ×長さ195センチ)になっている。シモンズの8.25インチ(約21.0センチ)のポケットコイルマットレスという。

「ハロウィンマットレス」は鑑賞するだけだが、似た仕様のマットレス(「カスタムロイヤル ニューフィット」)は、同ギャラリーで直接体験できるという。

営業時間は10時から19時。無休。

コメントは受け付けていません。