カレーcamp、ハロウィン限定「黒カレー」、イカ墨で黒く

【銀座新聞ニュース=2020年10月25日】新潟県を中心にホームセンターを展開するアークランドサカモト(新潟県三条市上須頃445、0256-33-6000)グループの飲食店を運営するアークランドサービスホールディングス(千代田区神田駿河台4-3、新お茶の水ビルディング、03-5217-1531)傘下のカレー専門店を運営するバックパッカーズ(同上)は10月31日まで「野菜を食べるカレーcamp新橋店」(港区新橋2-16-1、ニュー新橋ビル、03-6268-8735)で「オリジナル“黒”カレー」を販売している。

「野菜を食べるカレーcamp新橋店」などで10月31日まで販売されるハロウィン限定の「オリジナル“黒”カレー」。イカスミを使って黒くしている。

「オリジナル“黒”カレー」はハロウィンの時期限定のメニューで、紫芋の炊き込みご飯に、イカスミを加えた中辛カレーで、赤キャベツ、レンコンのピクルス、カボチャ、ニンジン、茹でたまごを添えている。漆黒の夜空に輝くニンジンスターとさまようニンジンモンスター をトッピングしてある。

バックパッカーズは2010年に設立され、2017年にアークランドサービスホールディングスが子会社化し、カレー店(6店)のほか、和食店の「ごちとん」(4店)、「東京たらこスパゲティ」(2店)、イタリアンの「チェント ペル チェント(Cento per Cento)」(8店)の20店舗を運営している。

営業時間は11時から23時。「“黒”カレー」は税込999円。

コメントは受け付けていません。