銀座三越でシャンデリアを点灯式、街路樹やツリー等も同時に

【銀座新聞ニュース=2020年11月20日】国内最大手の百貨店グループ、三越伊勢丹ホールディングス(新宿区新宿5-16-10)傘下の三越伊勢丹(新宿区新宿3-14-1)が運営する銀座三越(中央区銀座4-6-16、03-3562-1111)は11月21日16時30分に「銀座シャンデリア」ライティングセレモニーを開く。

銀座三越で11月21日に点灯される「銀座シャンデリア」。上部の地上25メートルの窓部分から銀座の街並みを眺めることができる。

銀座三越の銀座4丁目側の外壁に誕生した「銀座シャンデリア」と、中央通り、晴海通りの街路樹やツリーを彩る銀座の街のイルミネーションと同時に点灯する。当日は歩行者天国で、クリスマスイルミネーション点灯の瞬間を車道から鑑賞できる。

また、シャンデリアの上部の窓枠部分から「銀座の街並み」と「銀座の青空」を眺められる地上約25メートルをビュースポットにし、「銀座シャンデリアスカイ」と名付け、22日から一般公開する。

当日は16時30分から銀座三越本館1階ライオン口前特設ステージにてライティングセレモニーを開く。

中央区長の山本泰人(やまもと・たいと)さん、銀座通連合会理事長の銀座千疋屋代表取締役の斎藤充(さいとう・みつる)さん、銀座四丁目共和会会長の津田彰彦(つだ・あきひこ)さん、三越銀座店店長の山下卓也(やました・たくや)さんが出席する。

銀座三越は1930(昭和5)年に開店、1968年に銀座店を新築し、開店した。1971年に銀座店内にマクドナルドの日本1号店を開店、2010年9月11日に銀座店を増床オープンした。売上高は2017年3月期が前期比5.0%減の810億円、2018年3月期が同8.4%増の879億円、2019年3月期が同3.8%増の912億円、2020年3月期が同9.2%減の828億円となっている。

コメントは受け付けていません。