ジョーズ銀座店が移転、NYスタイルの中華、蟹肉入り小籠包が売り

【銀座新聞ニュース=2020年11月26日】アメリカ・ニューヨークスタイルの中華料理店を日本で展開する「ジョーズ シャンハイ ジャパン」(港区南青山7-1-5)は11月27日に「ジョーズ シャンハイ ニューヨーク 銀座店」(千代田区有楽町2-2-3、ヒューリックスクエア、050-3184-4888)を移転オープンする。

11月27日に移転して新たに開店する「ジョーズ シャンハイ ニューヨーク 銀座店」での売りのメニュー「蟹肉入り小籠包」。ニューヨーク本店の味をそのまま持ってきている。

「ジョーズ シャンハイ ニューヨーク」は1994年に創業し、15年間ニューヨークに住んだ音楽プロデューサーの梅野貴典(うめの・たかのり)さんがニューヨークで通い続けた中華料理店で、その味を日本に持ってくるため、3年間かけて交渉し、2009年9月に第1号店として「池袋店」(豊島区東池袋3-1-1、サンシャイン60、050-3196-3242)を開店した。

2010年11月に「銀座本店」、2013年4月に「大阪店」(大阪府大阪市北区大深町4-20、グランフロント大阪南館、050-3188-1173)などを開店し、現在3店舗を運営している。

銀座店は従来の店舗が大塚家具銀座店の地下にあり、大塚家具の閉店に伴い、契約切れになったことから8月20日で閉店し、新たに数寄屋橋交差点の側にあるヒューリックスクエアビルの地下1階に移転した。

売りが「ジョーズ(JOE’S)蟹(カニ)肉入り小籠包(しょうろんぽう)」(4個で税込1100円)で、ニューヨーク本店の味をそのままのレシピでつくっているのが特徴という。ランチやディナーのセットには1個は付いてくる。

ランチは平日が「飲茶セット」(1980円)、「麻婆豆腐セット」(1500円)、「ヌードルランチセット」(1380円)などセット・コースで1380円から4980円まである。また、土・日曜日のランチは1680円から4980円。

ディナーは「自家製釜焼き北京ダック」(4分の1で4000円)、「吉切鮫の肉厚尾びれ ジョーズ(Joeʼs)スタイル濃厚白湯仕立て」(100グラム7300円)などの単品のほかに、「ジョーズメドレー(JOE’S MEDLEY)」コース(8980円)や「シーズナルテースト(SESONAL TASTE)」(5800円)などコースは5800円から1万6000円まである。

飲み物はビール、ワイン、カクテル、ウイスキー、紹興酒などを揃えている。

総料理長は湯浅博司(ゆあさ・ひろし)さんで、湯浅博司さんは1970年東京都生まれ、大手レストランチェーンで中華料理店を担当し、その後ホテルに転職し、それからジョーズシャンハイジャパン株式会社に入社、池袋店の料理長を経て、銀座店をはじめ、全店舗の総料理長を務めている。

座席数は160席(うち、個室が50席)。

平均価格帯は昼が1000円から1999円。夜が5000円から5999円。

営業時間は平日昼が11時30分から15時、夜が17時30分から23時。土・日曜日が11時30分から16時、夜が17時から23時(日曜日は22時)まで。12月31日と1月1日は休み。夜はサービス料10%が別途かかる。

コメントは受け付けていません。