和光がバレンタインフェア、生チョコ等、日大生がショーウインドウ

【銀座新聞ニュース=2021年1月20日】国内時計業界第3位のセイコーホールディングス(中央区銀座1-26-1)グループの百貨店、和光(中央区銀座4-5-11、03-3562-2111)は2月14日まで「和光アネックス ケーキ&チョコレートショップ」(中央区銀座4-4-8、03-3562-5010)で「バレンタインデーフェア」を開いている。

和光が2月14日まで販売しているバレンタイン限定ショコラ・フレ「スペシャリテ」。

また、和光アネックス1階の3つのショーウインドウには、日本大学芸術学部デザイン学科の学生がデザインしたディスプレイが展示されている。

今回は「大切な方との心の距離を縮めて、笑顔になって欲しい」をテーマに、フルーツの魅力を引き出したパフェの味わいを、一粒のチョコで表現したショコラ・フレ(生チョコ)「パルフェ」(10個入り、税込3800円)や、全47種類のフレーバーの中から選んで詰め合わせた限定品ショコラ・フレ「スペシャリテ」(3個入り1400円、5個入り2000円、10個入り3600円、15個入り5400円)をはじめ、フランス・ヴァローナのチョコと北海道産のバターを使用した濃厚なケーキ「テリーヌ ショコラ(3780円)などを販売している。

また、ソフトで軽い口溶けとカカオ本来の味わいが引き立つトリュフ「アデュルト」(5個入り2376円、10個入り4320円)はコニャック、ウイスキー、ラム、テキーラ、ジンの5種の洋酒を使用している。

そのほか、本格的なカカオの風味の「グラン クリュ」(5個入り1944円)はカカオ分64%から72%のクーベルチュールを使用している。ベネズエラ産(力強い苦みと深みのある香り、カカオ分72%)、ガーナ産(繊細な酸味とまろやかな風味、カカオ分68%)、エクアドル産(上品な苦みとフローラル系の香り、カカオ分66%)、ドミニカ共和国産(柑橘系の甘酸っぱさと香ばしい風味、カカオ分64%)、マダガスカル産(ベリー系の華やかな酸味、カカオ分64%)の5つの産地のカカオ豆を使っている。

シャンパン「ぺルトワモリゼ」をガナッシュに加えたトリュフ「トリュフ シャンパーニュ」(5個入り2376円)や一口サイズの板チョコ3種 (ストロベリー、ビター、ブロンド)を詰め合わせた「キャレ ド ショコラ」(12枚入り2200円)なども用意している。

営業時間は10時30分から19時まで。

コメントは受け付けていません。