丸善日本橋で「ウッディいるま」が時計、家具など木工品

【銀座新聞ニュース=2021年1月24日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は1月27日から2月2日まで3階特設会場で「ウッディいるま-Woody IRUMA-木工品展」を開く。

丸善・日本橋店で1月27日から2月2日まで開かれる「ウッディいるま-Woody IRUMA-木工品展」に出品される樹木時計。

ウッディいるま社(埼玉県入間市上藤沢739-8)は埼玉県の日和田山(ひわださん)の裾野にスタジオがある親子2人の工房で、木材を加工する楽しさ、樹木の本来持つ魅力的な美しさを作品にしたいと願いながら作業をしている。

2センチのクラフト品から3メートルを超す家具まで「これこそ木で作らなければ意味がない」といわれるような作品作りをめざしており、樹木時計、家具、知育玩具などの木工品を展示販売する。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は15時)まで。

コメントは受け付けていません。