大丸松坂屋画廊で松田重仁「水の祈り」展

【銀座新聞ニュース=2021年2月17日】国内百貨店業界2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営するアートギャラリー「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3572-8886)は2月18日から23日まで松田重仁さんによる個展「水の祈り」を開く。

大丸松坂屋百貨店の「Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー)」で2月18日から23日まで松田重仁展「水の祈り」に出品される作品。

「浮遊する水」をテーマに制作している彫刻家の松田重仁さんが新作を中心に個展を開く。

松田重仁さんは過去に羽黒山(山形県鶴岡市)「秋の峰」に入峰し、自然界の円環と生命の尊さを学んでいる。また、「室町(1336年から1573年)・桃山時代(1568年から1600年)に生まれた日本人的美意識を基に、現代の空間造形を模索している。この世界を押し進めることで、新たなフィールドの創造」につなげたいとしている。

松田重仁さんは1959年山形県山形市生まれ、1982年に多摩美術大学彫刻科を卒業、1984年に同大学大学院彫刻専攻を修了、1980年に「二科展」に出品(2013年まで毎年出品し、1981年に特選、2001年に安田火災美術財団奨励賞、2004に会員に推挙)、1981年に瀧冨士美術賞、2004年に第23回損保ジャパン美術財団選抜奨励展新作秀作賞、2004年にアートマート21展でエルパラ賞などを受賞し、現在、日本美術家連盟会員、多摩美術大学非常勤講師、「複合の彫刻家たち展」代表を務めている。

開場時間は10時30分から20時(最終日は18時)まで。入場は無料。24日、25日は休み。

コメントは受け付けていません。