大丸松坂屋画廊で黒木美都子、平林孝央ら「鼓動」展

【銀座新聞ニュース=2021年3月3日】国内百貨店業界2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営するアートギャラリー「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3572-8886)は3月4日から10日まで黒木美都子さんら5人によるグループ展「鼓動-The beat」を開く。

大丸松坂屋百貨店の「Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー)」で3月4日から10日まで開かれるグループ展「鼓動-The beat」に展示される平野実穂さんの作品。

参加するのは、黒木美都子さん、平野実穂さん、平林孝央さん、丸山純奈さん、吉田然奈さんの若手画家5人で、それぞれ新作を中心に展示する。

黒木美都子さんは1991年東京都生まれ、2014年に多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻を卒業、2016年に同大学大学院美術研究科絵画専攻日本画領域博士前期過程を修了、在学中の2015年に「FACE(フェイス)展2015損保ジャパン日本興亜美術賞展」で審査員特別賞を受賞している。

平野実穂さんは1991年東京都生まれ、2007年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業、卒業時に卒業制作研究室賞、2008年に銀座で個展を開き、2017年にアメリカ・ロサンゼルスで個展を開き、2019年、2020年にギンザシックスで開かれた「Muse(ミューズ)たちの競演」に出品している。

平林孝央さんは1984年長野県生まれ、2007年に東京学芸大学を卒業、同年に第9回雪梁舎フィレンツェ賞展で優秀賞、2008年に独立展で新人賞、2011年に東京芸術大学大学院を修了、2015年に「Young Art Taipei(ヤング・アート・タイペイ)2015」に出品、同年にロサンゼルスで「Art Collector Starter Kit(アート・コレクター・スターター・キット)」に参加している。

丸山純奈さんは1999年埼玉県生まれ、2019年に女子美術大学短期大学部造形学科美術コースを卒業、在学中の2018年に「第14回世界絵画大賞展」で入選、「女子力展2018アートコンペ」で第1位、「第48回純展」で入選、2019年に「全日本アートサロン大賞展」で佳作、「女子美術大学卒業制作」で研究室奨励賞、現在、同大学短期大学部専攻科に在籍している。

吉田然奈さんは1986年東京都生まれ、2013年に「TAGBOAT AWARD(タグボート・アワード)」で審査員特別賞(山本美知子賞)を受賞している。

開場時間は10時30分から20時(最終日は18時)まで。入場は無料。作品はHPに3日10時30分から公開し、6日18時まで受け付け、抽選販売する。

コメントは受け付けていません。