ギャルリー志門で画家・薬剤師の小林辰平展

【銀座新聞ニュース=2021年5月31日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル、03-3541-2511)は5月31日から6月5日まで小林辰平さんによる個展を開いている。

ギャルリー志門で5月1日まで開かれている小林辰平さんの個展に出品される作品。

画家で薬剤師の小林辰平(たつへい)さんが新作を中心に個展を開く。

小林辰平さんは1965年東京都生まれ、大学薬学部を卒業し、日本大学芸術学部美術学科絵画コースを卒業、英国ロンドンのロンドン芸術大学のチェルシー・カレッジ・オブ・アーツのPGコースで学び、シティ・アンド・ギルド・オブ・ロンドン美術学校(City and Guilds of London Art School)を修了している。2017年の第42回土日会展に出品(2018年、2019年にも出品)、現在、土日会会員。

開場時間は11時から19時(最終日は17時)、入場は無料。

コメントは受け付けていません。