「恋をはじめます」武井咲が誕生日挨拶

(過去の記事については劇場名、個人名などを検索すると見られます)
【銀座新聞ニュース=2012年12月20日】東宝東和(千代田区一番町18、川喜多メモリアルビル、03-3556-0333)は12月25日にトーホー(TOHO)シネマズ 有楽座(千代田区有楽町2-2-3、ニュートーキョービル3階、03-3571-1946)で公開中の「今日、恋をはじめます」で武井咲さんによるバースデイ舞台あいさつを開催する。

現在、一般公開されている「今日、恋をはじめます」(2012/(C)2012映画「今日、恋をはじめます」製作委員会(C)水波風南/小学館)。

12月25日17時30分の回上映前に、主人公の「日比野つばき」役の武井咲(たけい・えみ)さんが同日、19歳の誕生日を迎えることから、それを記念して舞台あいさつをする。

興行通信社によると、12月8日から全国301スクリーンで封切られ、12月8日と12月9日の第1週で3位、動員が18万8378人、興収2億2532万円だった。12月15日と12月16日の第2週も3位のままで、12月17日の段階で観客動員が50万人を突破し、最終的に興収15億円から18億円とみられている。

「今日、恋をはじめます」はマンガ家の水波風南(みなみ・かなん)さんが少女マンガ雑「ショウコミ(Sho-Comi)」(月2回刊、小学館)で2007年19号から2011年24号まで掲載したマンガで、2012年に「ショウコミ」3.4合併号と5号に前後編として、終了後のその後のストーリーが掲載されている。

物語は真面目が取り柄で、結婚するまで貞操を守ろうという信念を抱いだ古風な女子高生・日比野つばきが高校の入学式当日、成績トップで学校一のイケメンの椿京汰と隣の席になるところからはじまり、クラスメイトの前でファーストキスを奪われてしまい、突然のことに怒り、反発するつばきだったが、涼太の思いがけない一面をみて次第にひかれていく。

ウイキペディアなどによると、武井咲さんは1993年愛知県名古屋市生まれ、日出高校通信制を卒業、2006年に第11回全日本国民的美少女コンテストでモデル部門賞とマルチメディア賞、同年に「セブンティーン」11月号でモデルデビューし、2007年に「セブンティーン」2月号から専属モデルとなり、2010年9月に芸能人SNSサイト「ビーマイル(beamie)」のイメージキャラクターに選ばれた。

同年11月に第39回ベストドレッサー賞を受賞、2011年1月にフジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」に800人のオーディションを勝ち抜き、準主演で出演、4月からテレビ朝日系ドラマ「アスコーマーチ!」で主演、
2011年11月8日に第18回ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーを受賞、12月にグッチと契約、CD「恋スルキモチ」で歌手デビューし、2012年8月に「セブンティーン」の専属モデルを卒業した。

チケットは12月22日0時からパソコン、携帯電話のトーホーシネマズ有楽座のページで販売し、営業開始時から劇場の券売機でも購入できる。料金は一般1800円、大高生1500円、シニア、中学生、3歳以上1000円。

コメントは受け付けていません。