立川銀座で田中秀吾、山本美和ら京都造芸大新卒5人展

【銀座新聞ニュース=2012年3月31日】立川ブラインド工業(港区三田3-1-12、03-5484-6100)の銀座ショールーム(中央区銀座8-8-15、03-3571-1373)地下1階「タチカワ銀座スペース オッテ(Atte)」で4月3日から4月8日の6日間、グループ「多角形」による「今夜が山田!美大通信生、それぞれの25(twenty-five)」を開催する。

グループ「多角形」は2012年3月に京都造形芸術大学通信教育学部情報デザインコースを卒業した5人組の集団で、それぞれが仕事をもちながら2年で卒業を果たし、その間、ツイッターで励ましあいながら課題を制作し続け、卒業を契機にグループを結成、活動をはじめており、それらの成果の一部を展示する。

グループ「多角形」は田中秀吾(たなか・しゅうご)さん、山本美和(やまもと・みわ)さん、橋本陽子(はしもと・ようこ)さん、梅田敏秀(うめだ・としひで)さん、川路正樹(かわじ・まさき)さんの5人で、「世界の『平和』」=「小ピースの積み重ね」をモットーに掲げ、コミュニケーションデザインの領域で各自の得意分野を活かしながら、「小さなピース」となる作品を制作している。

「今夜が山田!」は、在学中の課題提出日が毎月25日で、その前々日から前日にかけてお互いにツィッターで「今夜が山田!」と励ましあったことに由来し、副題の「25」は提出期限日を指している。

京都造形芸術大学通信教育学部情報デザインコースのウェブ卒業制作展では田中秀吾さんの「カミサンスイ-携帯する枯山水」が最優秀賞を獲得している。ほかに、山本美和さんが「おも茶(OMO-CHA)-温度で遊ぶ日本茶セット」、梅田敏秀さんが「なにがみえるかな?-色紙と形で楽しむ絵本」、橋本陽子さんが「女子力向上カレンダー-自分らしく輝きたいあなたへ」、川路正樹さんが「ウイズ(with.)-共に生きる」をウェブ卒業制作展を出品している。

今回の「今夜が山田! 美大通信生、それぞれの25」ではこれらウェブ卒業制作展の作品など約30点を展示する。

開場時間は10時から18時(最終日は16時)。入場は無料。

コメントは受け付けていません。