丸善丸の内で早川克己、篤史親子が銅作品展

【銀座新聞ニュース=2012年2月29日】丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は2月29日から3月6日まで4階ギャラリーで「カッパーズ(coppers)早川」による「銅の不思議な世界2012-カッパーズ(coppers)早川展」を開催する。

「銅の細胞を持つ生物たちが住まう世界」をコンセプトに、一貫して銅を基本材料にして作品を制作し続けている早川克己(はやかわ・かつみ)さんと息子の早川篤史(はやかわ・あつし)さん親子のユニット「カッパーズ(coppers)早川(はやかわ)」が最新作を展示する。

「カッパーズ早川」の作品は、何枚もの銅を叩き、張り合わせ、磨き、染め上げるという工程を経て作り出され、ゾウや魚などの生物、飛行機や船などの機械類、さらに抽象的な作品まで、独自の手法で生み出している。親子が一緒に合作することもあるが、基本的に親子で別々に作っている。

早川克己さんは1949年生まれ、早川篤史さんは1980年生まれ、2002年から「カッパーズ早川」として活動している。2003年に 「ライブマーケット2003」でグランプリを受賞、2004年に「球体関節人形展」に出品、2005年に愛知万博「愛・地球博」の企業館「夢みる山」のテーマゾーン「めざめの方舟」入り口にオブジェを展示した。

2007年に第34回日本銅センター賞を受賞、2008年に 四国「坂の上の雲ミュージアム」で司馬遼太郎(しば・りょうたろう、1923-1996)へのオマージュ展に出品した。2006年から丸善の各店舗で毎年展示会を開催している。

会期中は毎日、早川克己さんと早川篤史さんが来場する。時間は会場に問い合わせを。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。