第一ホテル東京、清田和美と芝口御門跡など築地を歩く(1)

(過去の記事については店舗名、個人名などを検索すると見られます)
【銀座新聞ニュース=2013年2月28日】阪急阪神ホテルズ(大阪府大阪市北区芝田1-1-35)グループの第一ホテル東京(港区新橋1-2-6、03-3501-4411)は3月8日に清田和美さんによる「歴史ウォーキングツアー」を開催する。

第一ホテル東京で3月8日に開催される「歴史ウォーキングツアー」でガイドを務める清田和美さん。

第一ホテルが1938年に開業したのを記念して、3月から7月まで毎月1回、郷土史研究家でNPO法人「江戸前21」(港区虎ノ門5-7-16、仙石山関ビル1階、03-3436-8022)の代表を務める清田和美(きよた・かずみ)さんによる「歴史ウォーキングツアー」を開く。

第1回目が3月8日で「明治の外国人居留地周辺を歩きながら築地散策」と題して、第一ホテル東京2階の日本料理「明石」で昼食をとった後、清田和美さんの解説により、「新橋・鉄道唱歌(てつどうしょうか)の碑」(港区新橋2-17-16)から「カレッタ汐留展望室」(港区東新橋1-8-1、電通本社ビル、03-6216-5111)、「芝口御門跡」(中央区銀座8-10-8)、「銀座発祥の地碑」(中央区銀座2-7先)、「聖路加国際病院(せいろかこくさいびょういん)」(中央区明石町9-1)、「波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)」(中央区築地6-20-37、03-3541-8451)を歩く。

昼食は「春の散策弁当」で、九枡盛り、お造り、煮物、食事、甘味となっている。

清田和美さんは長年、港区教育委員会に勤務し、港区生涯学習センター所長を務め、20年ほど「文化財行政」や「生涯学習」などに関係し、現在は「江戸庶民の暮らし」や「外国人がみた幕末の江戸庶民の暮らし」をテーマに郷土史を研究している。

時間は11時15分から12時30分が昼食、散策が12時30分から15時30分。料金は4000円(食事、ガイド料、税、サービス料込み)。申し込みはホテルまで。

コメントは受け付けていません。