国立映画でSCREEN75年展、一時休み

【銀座新聞ニュース=2021年4月26日】独立行政法人「国立美術館」が運営する国立の映画機関、国立映画アーカイブ(旧東京国立近代美術館フィルムセンター、中央区京橋3-7-6、050-5541-8600)は4月13日から7月18日まで7階展示室で「創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」を開いているが、4月25日から5月11日まで展示室を閉室する。

東京都が4月25日に「緊急事態宣言」を発動したことから、5月11日まで展示室を閉室する。このため、企画展はこの間、休みになる。