銀座山野で山中千尋がミニライブ

【銀座新聞ニュース=2011年9月26日】山野楽器銀座本店(中央区銀座4-5-6、03-3562-5051)は10月5日19時から7階イベントスペース「ジャムスポット(Jam Spot)」で、山中千尋さんによるミニライブを開催する。

ジャズピアノ奏者の山中千尋(やまなか・ちはる)さんが8月24日にアルバム「レミニセンス(Reminiscence)」(CDが3000円、SHM-CD+DVDが3500円、SACDが4500円)を発売したのを記念してミニライブを開く。

「レミニセンス」はアメリカのドラム奏者のバーナード・パーディ(Bernard Purdie)さん、ベース奏者のジョシュア・クランブリー(Joshua Crumbly)さんが参加し、「レイン、レイン・アンド・レイン」をはじめ、「クロース・トゥ・ユー」や「マスカレード」など10曲が収録されている。

山中千尋さんは福島県郡山市生まれ、1996年に桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻を卒業、2000年12月にアメリカのバークリー音楽院を首席で卒業、2001年に最初のアルバムを発売し、文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間、アメリカで研さんし、2003年にアメリカでトリオでツアーを行い、そのライブをDVDで発売し、2004年に2枚目のアルバムを発売した。

2007年にスイングジャーナル誌「第57回日本ジャズメン読者人気投票」アルバム・オブ・ザ・イヤー部門で第1位、2008年に「アビス(abyss)」でスイングジャーナル誌の第41回ジャズ・ディスク大賞の日本ジャズ賞を受賞した。2009年にアルバム「アフター・アワーズ(After Hours)」が第23回日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

山野楽器で「レミニセンス」を購入すると、先着順で招待券をもらえる。

コメントは受け付けていません。