志門、休業延長、小林展6月初、エナジー展6月、青木園展7月に

【銀座新聞ニュース=2021年5月10日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル、03-3541-2511)は5月12日から31日まで臨時休業の延長を決めた。

6月1日から5日に変更されたた小林辰平さんの個展。

東京都が4月25日に「緊急事態宣言」を発動し、1000平方メートル以下の「古物商」について、東京都から休業協力要請があったことから、27日から5月11日まで臨時休業を決めていたが、東京都が5月7日に31日までの延長を決めたのを受けて、ギャルリー志門も31日まで臨時休業する。

これに伴い、ギャルリー志門では、4月26日から5月1日まで開く予定だった小林辰平さんによる個展を5月31日から6月5日に変更したが、新たに6月1日から5日に変更し、美術評論家の宮田徹也さんと小林辰平さんの対談を5日に実施する。その際に事前予約制にする。

また、5月10日から15日に予定していた「交差するエナジー展」は5月12日から15日と6月14日から19日の2回にわたって開く予定だったが、6月14日から19日に変更した。

5月17日から22日に予定していた青木園さんの個展「墨との邂逅ー」は7月26日から31日に変更した。

5月24日から29日に予定していた「手漉き紙アートの魅力」展は8月2日から7日に変更した。

コメントは受け付けていません。