なびす画廊で大家泰仁「雑木林の樹木」展

【銀座新聞ニュース=2012年4月7日】なびす画廊(中央区銀座 1-5-2、ギンザファーストビル3階、03-3561-3544)は4月9日から4月21日まで大家泰仁さんによる個展を開催する。

画家の大家泰仁(おおや・やすひと)さんが2010年から3年続けてなびす画廊で開く個展で、「雑木林と遠近」と題して、近くの雑木林で樹木を観察しながら描いている作品を展示する。

大家泰仁さんによると、樹木の成長は遅々としており、雑木林の中に入り、木々を眺めていると見飽きることはないという。「そこには言葉で説明のつかないような生物の気配がある。このような雑木林で体験した樹木の時間と空間、空気感のようなもの」を主題としている。

大家泰仁さんは1965年大阪府生まれ、1993年に武蔵野美術大学油絵学科を卒業、1996年と1999年に個展を開催し、2010年の個展がおよそ10年ぶりで、3年続けて個展を開く。現在、武蔵野美術大学通信教育課程の講師を務めている。

開場時間は11時30分から19時(土曜日は17時)で、入場は無料。日曜日は休み。

コメントは受け付けていません。