ヴァニラ大賞の審査員賞や奨励賞展、内田佳織、相原理恵ら

【銀座新聞ニュース=2018年8月11日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は8月14日から19日まで「第6回ヴァニラ画廊大賞受賞者合同展」を開く。

ヴァニラ画廊で8月14日から19日まで開かれる「第6回ヴァニラ画廊大賞受賞者合同展」に出品される宮田徹也賞の相原理恵さんの作品。

ヴァニラ画廊大賞展は「エロティック、フェティッシュ、サブカルチャーのアートに特化した」公募展で、毎年10月1日から31日まで募集し、11月に第1次審査を行い、12月以降に第2次審査によって大賞など入賞作を決めている。2012年10月に第1回がスタートし、2017年10月から第6回目の公募が実施され、今回、第6回目ヴァニラ画廊大賞展で審査員賞を受賞した3人と、奨励賞を受賞した4人による合同展を開く。

審査員は写真家の都築響一(つづき・きょういち)さん、美術評論家の宮田徹也(みやた・てつや)さんとヴァニラ画廊の店主の内藤巽(ないとう・たつみ)さんが担当している。

都築響一賞には1991年生まれ、2016年に文化服装学院2部服装科を卒業した内田佳織(うちだ・かおり)さん、宮田徹也賞には1991年生まれ、2012年に女子美術大学を中退した相原理恵(あいはら・りえ)さん、ヴァニラ賞には1991年大阪府生まれ、武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻を卒業、版画工房「カワラボ(Kawarabo)」(東京都町田市原町田4-28-1、042-719-7150)研究生の女流作家、今泉奏(いまいずみ・そう)さんが選ばれた。

奨励賞は1988年生まれ、東京デザイン専門学校イラストレーション科リアルイラスト専攻を卒業、2013年よりエアブラシを使用して絵の制作をはじめている小谷野翼(こやの・つばさ)さん、 2010年に大阪芸術大学のデザイン学科を卒業、東南アジアなどを巡り、むきだしの生命エネルギーに触れたことで、根源的な生を表現することをテーマとして制作を始めているおおのあやかさん。

1984年香川県直島生まれ、大学、大学院で西田哲学を学び、2011年に画家として活動、2013年に第4回ボコラート全国公募展で入選、2015年に神奈川県美術展で入選している高本奏(こうもと・そう)さん、1996年山形県生まれ、2015年に東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コースに所属、2016年に「それぞれのふるさと」選抜展に展示、2018年に第36回上野の森美術館大賞展で入選している高橋(たかはし)ひかるさんの4人。

開場時間は12時から19時(土曜日、祝日は17時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。