TOHO日本橋、新「コードギアス」福山潤、ゆかなら挨拶

【銀座新聞ニュース=2017年10月6日】映画配給会社のショウゲート(港区赤坂5-3-1)は10月21日からTOHOシネマズ日本橋(中央区日本橋室町2-3-1、コレド室町2、050-6868-5060)で一般公開する「コードギアス 反逆のルルーシュ1 興道」の初日に福山潤さん、ゆかなさんらによる舞台あいさつを開く。

10月21日から一般公開される「コードギアス 反逆のルルーシュ1興道」((C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2017 CLAMP・ST)。

21日14時10分の上映終了後に、監督の谷口悟朗(たにぐち・ごろう)さんをはじめ、主人公の「ルルーシュ」の声優を務めた福山潤(ふくやま・じゅん)さん、謎の少女「C.C.(シーツー)」役のゆかなさん、黒の騎士団の少女パイロット「カレン」役の小清水亜美(こしみず・あみ)さんが舞台に登場してあいさつする。

アニメ「コードギアス」はサンライズと大河内一楼(おおこうち・いちろう)さんと谷口悟朗(たにぐち・ごろう)さんが原案を手がけ、2006年10月から2007年3月までTBS系でテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」として放送され、第2期の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」が2008年4月から9月までTBS系で放送された。

「コードギアス 反逆のルルーシュ1興道」は2006年から2008年に計2シーズンが放送されたテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の劇場版で、テレビシリーズに新作パートを加えて再構成し、全編新録アフレコで制作された3部作の第1部。第2作目「コードギアス 反逆のルルーシュ2 叛道」は2018年2月、3部作完結編「コードギアス 反逆のルルーシュ3 皇道」は2018年5月に公開される。

全体の物語は世界を武力で制圧する神聖ブリタニア帝国の王子として生まれるも、母を謀殺され、亡命したルルーシュがブリタニアに占領され「エリア11」と呼ばれるようになった日本で、正体を隠しながら暮らすも、ある日、謎の美少女C.C.と出会い、あらゆる命令を強制することができる絶対遵守の力「ギアス」を手に入れる。

ルルーシュはその力を使い、母の命と妹ナナリーの目と脚の自由を奪ったブリタニアへの復讐を開始する。

谷口悟朗さんは1966年愛知県日進市生まれ、日本映画学校(現日本映画大学)を卒業、「J.C.スタッフ(STAFF)」に入社、1989年制作のOVA「アーシアン」で制作進行として参加、制作デスクとなり、「風魔の小次郎シリーズ」や「暗黒神伝承 武神」などを担当し、「J.Cスタッフ」を退社した。

1991年にテレビアニメ「絶対無敵ライジンオー」に参加し、同作品の総集編(第45話「発表!防衛組大百科!!」)で初の演出を担当し、その後「エルドランシリーズ」や「ガンダムシリーズ」や「勇者シリーズ」などの演出を手がけ、1998年に「ワンピース(ONE PIECE)倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした。

1999年にテレビアニメ「無限のリヴァイアス」、2001年にテレビアニメ「スクライド」、2003年にテレビアニメ「プラネテス」、2006年にテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」、2008年に「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」などの監督を務めている。劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュ」3部作では監督を手掛けている。

チケットは10月7日からチケットぴあを通じて先行抽選を販売し、13日11時締め切り。10月14日10時から一般発売する。料金は全席指定で2000円、プレミアボックスシートが3000円。

コメントは受け付けていません。