一風堂銀座等で年末忘年会の締め「小腹ラーメンセット」

【銀座新聞ニュース=2017年12月6日】「博多一風堂」などを運営する「株式会社力の源ホールディングス」(東京支社・中央区銀座5-13-16、ヒューリック銀座イーストビル、03-6264-3899)傘下の株式会社力の源カンパニー(福岡県福岡市中央区大名1-14-45)は12月7日から27日まで「一風堂銀座店」(中央区銀座4-10-3 、セントラルビル、03-3547-1010)など83店で飲み会のしめ専用メニュー「小腹ラーメンセット」を販売する。

12月7日から27日まで「一風堂銀座店」などで提供される飲み会のしめ専用メニュー「小腹ラーメンセット」。

年末の忘年会シーズンのピーク時期にあわせて、「一風堂」以外のレストランや居酒屋など(コンビニ、スーパーなど小売店は不可)での飲み会の当日のレシートを提示すると、「白丸元味」の麺の量を通常の8割程度にしたミニサイズとビール、ハイボールなどを1杯をつけたセット(税込700円)で提供する。

「株式会社力の源ホールディングス」は1952年福岡県生まれの河原成美(かわはら・しげみ)さんが1979年にレストランバー「アフター・ザーレイン(AFTER THE RAIN)」を開店、1985年10月にラーメン店「博多一風堂」を開店、1986年に「力の源カンパニー」を設立したのがはじまりだ。

1994年に「新横浜ラーメン博物館」に関東第1号店を開店、1995年に東京・広尾に東京1号店「恵比寿店」、2008年にアメリカ・ニューヨーク店、2009年にシンガポール店、2011年に韓国、香港(韓国店は2016年2月に閉鎖)、2012年に台湾、中国、オーストラリア、2013年にマレーシア、2014年にタイ、フィリピン、インドネシア、イギリス・ロンドンに進出し、2017年4月にミャンマーに開店した。

現在、国内約133店、海外約63店(2016年12月末現在)を運営している。2014年1月に持ち株会社制に移行し、2017年3月に東証マザーズに株式を上場し、2017年3月期の連結売上高が前期比7.7%増の224億円。

銀座店の営業時間は11時から2時(金・土曜日、祝前日3時、日曜日、祝日が1時)で、「小腹セット」は17時から閉店まで。

コメントは受け付けていません。