丸の内ホテル、テラスをビアガーデン、プレートと飲み放題

【銀座新聞ニュース=2017年5月31日】国内不動産業界第3位の三菱地所グループの丸ノ内ホテル(千代田区丸の内1-6-3、03-3217-1111)は6月1日から9月30日まで8階フランスレストラン「ポム・ダダン」(03-3217-1117)の屋外テラスで「アーバンビアテラス」を営業する。

丸ノ内ホテルで6月1日から9月30日まで8階「ポム・ダダン」屋外テラスで開かれる「アーバンビアテラス」(画像はイメージ図)。

2017年にフランス料理の「ポム・ダダン」のテラス席を夏季だけビアガーデンとして初めて営業し、延べ2000人以上が利用した。2018年に2回目になるビアガーデンを営業するもので、今回はおまかせワンプレートと飲み放題をセットにしたメニュー(2時間制で6500円、サービス料、税込)を中心に提供する。

おまかせプレートは国産鶏のローストチキン、シーザーサラダ、オードブル3種、オニオンリング サワークリーム添えなど。

ドリンク類はビアカクテル(5種類)、ビール(アサヒスーパードライとアサヒ樽詰生)、カクテル(9種類)、ウイスキー(ニッカウィスキー)、ワイン(赤と白)、ホットワイン(赤と白)、焼酎(麦、芋)、ノンアルコールカクテル(3種類)、ソフトドリンク(5種類)から3杯を選ぶ。

飲み放題に1000円をプラスすると、生ビール「琥珀の時間(とき)」 、スパークリングワイン(1種類)、サングリア、フルーツスパークリングカクテル(3種類)、ウイスキー(3種類)、ノンアルコールスパークリングワインが含まれる。

また、ワンプレート料理とドリンク2杯 (通常のフリードリンクメニューから選択) がセットになったメニュー(5500円)もある。

丸ノ内ホテルは運営会社の東京タクシー自動車株式会社が1917(大正6)年5月に設立され、1924(大正13)年に「丸ノ内ホテル」本館を建設、開業し、1930(昭和5)年12月に「株式会社丸ノ内ホテル」に改称、1946年10月に英連邦進駐軍の将校宿舎として接収され、1952年6月に全館接収が解除され、7月に営業を再開した。

1961年6月に新館を建設、開業し、1976年に銀座丸ノ内ホテルを開業、1999年1月に丸ノ内ホテル技術サービス株式会社を合併し、2000年12月に閉館し、2001年12月に銀座丸ノ内ホテルを閉館し、2004年に東京駅丸の内北口再開発に伴い、複合商業施設オアゾ(OAZO)の一画に全205室を備えたホテルとしてリニューアルオープンし、4カ所のレストランとバーがある。従業員が92人、資本金が2億200万円、売上高は2017年3月期で19億6300万円。三菱地所が31.38%を所有している。

席数は43席。

営業時間は17時30分から22時まで。

コメントは受け付けていません。