TOHO日比谷「ウタモノガタリ」で岩田剛典、山下健二郎ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2017年6月16日】LDHグループの映画配給会社、LDH PICTURES(目黒区上目黒1-16-10)は6月22日からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、03-3591-5358)で一般公開する「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project」の岩田剛典さん、山下健二郎さんら出演者と監督による舞台あいさつを開く。

6月22日から一般公開される「ウタモノガタリ」の1編「カナリア」((C)2018 CINEMA FIGHTERS)。

23日12時30分の回上映終了後と15時40分の回上映前に、「幻光の果て」を監督した岸本司(きしもと・つかさ)さんをはじめ、漁師「ヨシヤ」役の山下健二郎(やました・けんじろう)さん、ヨシヤに雇われる「花田」役の加藤雅也(かとう・まさや)さん、主題歌を担当している4人組コーラス「ディープ(DEEP)」が舞台に登場してあいさつする。

24日9時の回上映終了後と12時の回上映前に、「カナリア」を監督した松永大司(まつなが・だいし)さんをはじめ、高橋巖の牧場を手伝う「永田亮」役のタカヒロ(TAKAHIRO)さん、牧場で牛を飼育する「高橋巖」役の塚本晋也(つかもと・しんや)さん、高橋巖の娘「高橋楓」役の夏帆(かほ)さんが舞台に登場してあいさつする。

30日9時の回上映終了後と11時50分の回上映前に、「ファンキー」にファンキー集団のリーダー「純司」役で出演している岩田剛典(いわた・たかのり)さんが舞台に登場してあいさつする。

7月1日9時の回上映終了後と12時の回上映前に、「アエイオウ」に自衛隊員「安住ひかる」役で出演している白浜亜嵐(しらはま・あらん)さんと、白浜亜嵐さんが所属する「ジェネレーションズ・フロム・エグザイル・トライブ(GENERATIONS from EXILE TRIBE)」のメンバー、片寄涼太(かたよせ・りょうた)さん、小森隼(こもり・はやと)さんが舞台に登場してあいさつする。

「シネマ・ファイターズ・プロジェクト(CINEMA FIGHTERS project)」はダンス・ボーカルユニット「エグザイル(EXILE)」のリーダーで、LDHジャパン(JAPAN)の創業者、ヒロ(HIRO)さんが率いるLDH ジャパン(JAPAN)と、別所哲也(べっしょ・てつや)さんが代表を務める「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)、LDH所属の作詞家、小竹正人(おだけ・まさと)さんがコラボしたオムニバス映画で、今回は2018年の「シネマ・ファイターズ(CINEMA FIGHTERS)」に続く第2弾で、前回と同じく6本の短編で構成されている。

松永大司さんが監督した「カナリア」は「エグザイル」のタカヒロさん、塚本晋也さん、夏帆さんが出演している。

石井裕也(いしい・ゆうや)さんが監督した「ファンキー」は岩田剛典さん、麻生久美子(あそう・くみこ)さん、池松壮亮(いけまつ・そうすけ)さんが出演している。

安藤桃子(あんどう・ももこ)さんが監督した「アエイオウ」は白浜亜嵐さん、木下(きのした)あかりさん、奥田瑛二(おくだ・えいじ)さんが出演している。

平林勇(ひらばやし・いさむ)さんが監督した「クウー(Kuu)」は石井杏奈(いしい・あんな)さん、山口乃々華(やまぐち・ののか)さん、坂東希(ばんどう・のぞみ)さんが出演している。

ユキサイトウ(Yuki Saito)さんが監督した「アワー・バースデイ(Our Birthday)」は青柳翔(あおやぎ・しょう)さん、佐津川愛美(さつかわ・あいみ)さん、芦名星(あしな・せい)さんが出演している。

岸本司さんが監督した「幻光の果て」は山下健二郎さん、加藤雅也さん、中村映里子(なかむら・えりこ)さんが出演している。

チケットはすでに劇場で販売中で、料金は2000円均一。

注:「白浜亜嵐」の「浜」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。