W杯B16は残念、でも次はB8以上だ、まだ準々決勝あるよ(259)

【tamaoのOL独り言=2018年7月6日】梅雨明けしてしまった。今年は梅雨らしい雨がなく、いきなり台風がやってきてしまった・・・誰のせいでもありませんが、なんかへんな天気ですね。こんな時、何も起きなければいいのだけれど。なんとなく心配です。

わが家のトマト、梅雨明けしたのでもうすぐ食べ頃かな。

ワールドカップロシア大会、日本代表がんばりましたね。ある選手も言ってたけど、ベルギーとは大きな差があった、確かに。2点取った時、夢か!?と思っちゃった。夢を見ているのか?って。なんか信じられなくて、同点、逆転の時にやっぱりね、だから後半の15分が勝負だと思っちゃった。

西野(朗、にしの・あきら)監督がベルギー戦を想定して、ポルトガル戦にだいぶスタメンを変えて主力選手を休ませたけど、結局長谷部(誠、はせべ・まこと)は最後に出てきた。どうにか予選を通過したけど、ポーランド戦で休めなかった長友(佑都、ながとも・ゆうと)、吉田(麻也、よしだ・まや)、そして長谷部にあの最後の15分は絶対に辛かったはず。ベルギーとの差は後半の15分に守れる、隙があれば攻められるスーパーサブが複数いたらよかったのよね。

でも、今大会の代表はゴールへの執念はあったよね。これまでの日本代表に欠けてたシュート、結構あったよね。海外組はやっぱり意識していたんだね。今回の日本代表メンバーは絶対に全員が悔しいっと思っているはずで、その気持ちは次回に繋がるんじゃないかな。そして日本のサッカーは間違ってない。明確に次回はベスト8以上と宣言できるはずだ。監督が変なやつでなければね。

そんな日本代表に期待しつつ、準々決勝を見ますか。甲子園と同様に準々決勝がもっとも面白いだろうから。アルゼンチン代表のメッシ(Lionel A.Messi Cuccittini)も、ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro)も、スペイン代表のイニエスタ(Andres Iniesta Lujan)もいなくなっちゃったけど。

スター選手がいなくても面白い試合だろう、絶対に!あーでもこれを見ちゃうとJリーグが面白くなくなっちゃうんだよなー。いやいや、イエニスタと元スペイン代表のフェルナンド・トーレス(Fernando J.Torres Sanz)が来るんだから、絶対に見に行かなきゃ!(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)

編集注:J1サガン鳥栖との移籍交渉をしていた元スペイン代表のフェルナンド・トーレス選手について、サガン鳥栖側によると、7月1日の時点で、交渉が決裂したことを明らかにしている。合意に達する前に、年俸8億円で大筋合意と日本で報道されたことに、フェルナンド・トーレス選手が憤慨して、途中で連絡がとれなくなったことから、事実上決裂となっている。

コメントは受け付けていません。