「仮面ライダー」と「快盗戦隊」上映会で犬飼貴丈、伊藤あさひら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年7月6日】大手映画配給会社で、国内映画業界第2位の東映(中央区銀座3-2-17、03-3535-4641)は7月26日13時50分から丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」と「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」の完成披露上映会を開く。

8月4日から一般公開する「劇場版 仮面ライダービルド ビー ザ ワン(Be The One)」と「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー エンフィルム(en film)」の完成披露上映会を7月26日に開く。

8月4日から一般公開する「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」と「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」((C)劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映)。

26日13時50分から上映するが、その前に「劇場版 仮面ライダービルド ビー ザ ワン」の監督の上堀内佳寿也(かみほりうち・かずや)さんをはじめ、「桐生戦兎/仮面ライダービルド」役の犬飼貴丈(いぬかい・あつひろ)さん、「万丈龍我/仮面ライダークローズ」役の赤楚衛二(あかそ・えいじ)さん、「石動美空」役の高田夏帆(たかだ・かほ)さん、「猿渡一海/仮面ライダーグリス」役の武田航平(たけだ・こうへい)さん。

「内海成彰」役の越智友己(おち・ゆうき)さん、「滝川紗羽」役の滝裕可里(たき・ゆかり)さん、「氷室幻徳/仮面ライダーローグ」役の水上剣星(みかみ・けんせい)さん、「石動惣一」役の前川泰之(まえかわ・やすゆき)さん、「才賀涼香/シザースロストスマッシュ」役の松井玲奈(まつい・れな)さん。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー エンフィルム」の監督の杉原輝昭(すぎはら・てるあき)さんをはじめ、「夜野魁利/ルパンレッド」役の伊藤(いとう)あさひさん、「朝加圭一郎/パトレン1号」役の結木滉星(ゆうき・こうせい)さん、「宵町透真/ルパンブルー」役の浜正悟(はま・しょうご)さん、「陽川咲也/パトレン2号」役の横山涼(よこやま・りょう)さん。

「早見初美花/ルパンイエロー」役の工藤遥(くどう・はるか)さん、「明神つかさ/パトレン3号」役の奥山(おくやま)かずささん、「高尾ノエル/ルパンエックス/パトレンエックス」役の元木聖也(もとき・せいや)さん、「エルロック・ショルメ」役の田中直樹(たなか・なおき)さんが舞台に登場してあいさつする。

「劇場版 仮面ライダービルド ビー ザ ワン」は平成仮面ライダーシリーズの19作目として2017年9月からテレビで放送されている「仮面ライダービルド」の劇場版で、火星から持ち帰られたパンドラボックスから放たれた光によって巨大な壁スカイウォールが出現し、日本列島が3つに分断された世界を舞台に、失った自らの記憶を求めて戦う桐生戦兎/仮面ライダービルドの活躍を描いている。

物語は分断された日本の3つの首都である東都、西都、北都が繰り広げた戦争が終わり、3つの首都にはそれぞれ、首相に代わり知事が置かれ、平和のための新体制が確立されたかに見えた。しかし、それは仮面ライダービルドを陥れるための計略だった。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は2018年2月からテレビで放送されているスーパー戦隊シリーズの42作目で、2つの戦隊が登場することで話題を集めているテレビ版の劇場版だ。

物語は異世界から現れた犯罪者集団「ギャングラー」による犯罪の消滅と、義賊として民衆から英雄視される「ルパンレンジャー」の正体を暴くことを目的に、名探偵エルロック・ショルメが来日し、ギャングラーの襲撃に備えて警備につく、市民の正義と理想の未来のために職務として戦う「パトレンジャー」と、ギャングラーを狙って登場するルパンレンジャー、エルロックの三つどもえの混戦が繰り広げられる。そんな中でルパンレッドとパトレン1号が異世界にさらわれてしまう。

上堀内佳寿也さんは1986年生まれ、鹿児島県のテレビ局でバラエティ番組のアシスタントディレクターを務め、上京して「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」の撮影に参加、以後、「仮面ライダーキバ」より仮面ライダーシリーズの助監督を務め、ネットムービーやオリジナルビデオを手がけた。

2016年から2017年にかけてテレビ「仮面ライダーエグゼイド」の本編の監督を務め、2017年に「仮面ライダービルド」の監督を担当し、今回の「仮面ライダー平成ジェネレーションズ ファイナル(FINAL)ビルド&エグゼイドウイズ(with)レジェンドライダー」で劇場用映画監督としてデビューした。

杉原輝昭さんは特撮テレビドラマ作品の監督、演出家で、東映テレビ・プロダクションに所属している。2012年の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ ミービー(MOVIE)大戦アルティメイタム」でチーフ助監督を務めた。

その後、2014年の「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」、2015年の「裏剣戦隊ニンニンジャー ザ・ムービー(THE MOVIE)恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」、2016年の「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー ザ・ムービー(THE MOVIE)忍者・イン・ワンダーランド」と「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」などでチーフ助監督を担当、今回の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー エンフィルム」が映画監督デビュー作品となる。

チケットはチケットぴあを通じてプレミアムが7日11時から発売し、12日11時締め切り。先行抽選が8日11時に発売し、13日11時締め切り。一般発売が14日10時から発売する。料金は一般2000円、大学生1700円、3歳から高校生、障がい者1200円、60歳以上シニア1300円。

注:「浜正悟」の「浜」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。