TOHO日比谷「コードブルー」山下智久、新垣結衣ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年7月13日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は7月27日からTOHOシネマズ日比谷スクリーン12(千代田区有楽町1-1-3、東京宝塚ビル地下)で一般公開する「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」の初日に、山下智久さん、新垣結衣さんらによる舞台あいさつを開く。

7月27日から一般公開される「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」((C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会)。

27日14時30分の回上映終了後に、監督の西浦正記(にしうら・まさき)さんをはじめ、主人公の救命センターの医師「藍沢耕作」役の山下智久(やました・ともひさ)さん、救命センターの医師「白石恵」役の新垣結衣(あらがき・ゆい)さん、救命センターの医師「緋山美帆子」役の戸田恵梨香(とだ・えりか)さん、救命センターの看護師「冴島はるか」役の比嘉愛未(ひが・まなみ)さん。

救命センターの医師「藤川一男」役の浅利陽介(あさり・ようすけ)さん、救命センターの医師「名取颯馬」役の有岡大貴(ありおか・だいき)さん、救命センターの医師「灰谷俊平」役の成田凌(なりた・りょう)さん、救命センターの医師「横峯あかり」役の新木優子(あらき・ゆうこ)さん、救命センターの新人看護師「雪村双葉」役の馬場(ばば)ふみかさん、翔北病院の脳外科医「新海広紀」役の安藤政信(あんどう・まさのぶ)さんが舞台に登場してあいさつする。

「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命」はフジテレビ系で2008年7月3日から9月11日まで放送された、翔陽大学付属北部病院救命救急センターに赴任し、ドクターヘリを駆使した救命救急センターを舞台に、フェローシップの一環としてやってきた若きフライトドクター候補生や指導医、それにドクターヘリに携わる人々の奮闘と葛藤を描いている。

2009年1月10日に「新春スペシャル」として放送され、2010年1月11日から3月22日まで「セカンドシーズン(2nd season)」、2017年7月17日から9月18日まで「サードシーズン(3rd season)」が放送された。2018年7月28日21時から23時10分に「土曜プレミアム」で「コード・ブルー 特別編 -もう一つの戦場」が放送される。

舞台は2017年に放送されたサードシーズンで描かれた地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後で、東京湾を運行していたフェリーが濃霧の影響で海ほたるに衝突し、さらに成田空港でも異変が生じる。未曽有の連続大事故現場から藍沢たちに出動要請が入るという内容だ。

西浦正記さんは1968年愛知県生まれ、フジクリエイティブコーポレーション(FCC)に所属し、2008年のフジテレビ系「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」で演出を担当したのをはじめ、2009年版「新春スペシャル」、2010年版「セカンドシーズン」、2017年版「サードシーズン」の演出を手掛け、本作が映画初監督作品となる。

チケットははがきによる応募・抽選(50席)とチケットぴあ(http://w.pia.jp/s/codeblue18sb/)を通じての抽選販売がある。

はがきによる応募は、はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、チケット購入希望枚数(最大2枚)を記入して、〒100‐8698日本郵便(株)銀座郵便局JPタワー内分室、私書箱2404号、東宝宣伝部「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」初日舞台挨拶チケット購入係まで送る。18日必着。料金は一般1800円、大学生・専門学校生1500円、高校生・3歳以上中学生まで1000円、障がい者1000円、シニア(60歳以上)1100円。

チケットぴあによる抽選販売は23日11時締め切り。料金は一般2000円、大学生・専門学校生1700円、高校生・3歳から中学生まで1200円、障がい者1200円、シニア(60歳以上)1300円。

コメントは受け付けていません。