資生堂パーラーでメンチカツ、帆立貝ソテー等選べるコース

【銀座新聞ニュース=2018年8月15日】国内最大手の化粧品メーカー、資生堂(中央区銀座7-5-5、03-3572-5111)が運営する「資生堂パーラー銀座本店」(中央区銀座8-8-3、東京銀座資生堂ビル、03-5537-6241)は8月31日まで「シェフのお薦めコース」を提供している。

資生堂パーラー銀座本店で8月31日まで提供中の「シェフのお薦めコース」の主なメニュー。

「資生堂パーラー銀座本店」では、三浦野菜のとうもろこしスープや和牛とマンガリッツァポークのメンチカツ、舌平目で包んだ帆立貝のソテーなど、昔ながらの洋食メニューをプリフィックスコース仕立てで用意し、家族で銀座ランチ&ディナーを楽しめる。

「前菜」は「マグロ、サーモンとアボカドのタルタル」で、「スープ」は本日のスープ、冷製トマトのスープ“ガスパッチョ”、神奈川県産三浦野菜のとうもろこしの冷製クリームスープの3種類から選ぶ。

「魚料理」は「舌平目で包んだ帆立貝のソテー ウニのクリームソース」と「車エビ、舌平目、帆立貝のフライタルタルソース」(1000円プラス)から選ぶ。「肉料理」は「和牛とマンガリッツァポークのメンチカツ自家製ウスターソース」と「国産牛ホホ肉の煮込み 赤ワインソース」、あるいは「飛騨牛フィレ肉のステーキ お好みのソースで」(1500円プラス)から選ぶ。

「デザート」は「恋姫とパッションフルーツのコンビネゾン フロマージュブランのムースと共に」と「プラムのシブースト フルーツシャーベット添え」から選ぶ。

ランチAコースは前菜、本日のスープ、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー( 6000円、サービス料10%別)。

ディナーAコースはアミューズ、前菜、スープ、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー(7000円)。

ランチ&ディナーBコースはアミューズ、前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー(9500円)。

営業時間は11時30分から21時30分。月曜日が休み(祝日は営業)。

コメントは受け付けていません。