丸善丸の内で阿部観水、田中陽子ら「和歌」展

【銀座新聞ニュース=2018年9月16日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は9月19日から25日まで4階ギャラリーで「万葉の言の葉-新鋭作家四人の表現」を開く。

丸善・丸の内本店で9月19日から25日まで開かれる「万葉の言の葉-新鋭作家四人の表現」に出品される蒼野甘夏さんの「セプテンバー(September)」。

「万葉集」の時代におそらく、「日本人の思惟や感性の多くは形成されていたのでしょう。その中の言葉に耳を傾け情景を想像してみると、つややかな言葉もある、せつない面影も思い出す。音が響いてくる風景、肌ざわりも感じられる。生み出される雰囲気が伝わってくる」(丸善)。

日本画家の蒼野甘夏(あおの・あまなつ)さんと阿部観水(あべ・かんすい)さん、陶芸家の田村星都(たむら・せいと)さんと田中陽子(たなか・ようこ)さんが「「万葉の言の葉」や「古今和歌集」の中から特別に浮かび上がる作品を展示する。

同じく出品される田村星都さんの「細字古今集雉摘香爐」。田村星都さんは「九谷毛筆細字(くたにもうひつさいじ)技法」という主に和歌などの古典文学を極細の毛筆で裸眼で磁器に描き込む技法を使って制作している。

ウイキペディアによると、万葉集は7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集で、天皇、貴族から下級官人、防人(さきもり)などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めており、成立は759(天平宝字3)年以後とみられる。

日本文学における第一級の史料であると同時に、方言による歌もいくつか収録されており、そのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても重要な史料とされている。

万葉集の成立に関しては詳しいことはわかってないが、大伴家持(おおともの・やかもち、718-785)編さん説が最有力とされている。ただ、1人の編者によってまとめられたのではなく、巻によって編者が異なり、大伴家持の手によって20巻に最終的にまとめられたとするのが妥当とされている。

古今和歌集は、平安時代前期の勅選和歌集で、全20巻歌数は総勢1111首、勅選和歌集として最初に編さんされた。仮名で書かれた仮名序と真名序(漢文で書かれた序文)の2つの序文を持つが、仮名序によれば、醍醐天皇(だいご・てんのう、885-930)の勅命により「万葉集」に選ばれなかった古い時代の歌から選者たちの時代までの和歌を選んで編さんし、905(延喜5)年4月18日に奏上された。

ただし、現存する古今和歌集には、905年以降に詠まれた和歌も入れられており、奏覧ののちも内容に手が加えられたと見られ、実際の完成は912(延喜12)年ごろとの説もある。

選者は紀友則(きの・とものり、845-907)、紀貫之(きの・つらゆき、866-945)、凡河内躬恒(おおしこうちの・みつね、859-925)、壬生忠岑(みぶの・ただみね、860-920)の4人で、序文では紀友則が筆頭にあげられているが、仮名序の署名が紀貫之であり、巻第16に「紀友則が身まかりにける時によめる」という詞書で紀貫之と凡河内躬恒の歌が載せられていることから、編さんの中心は紀貫之であり、紀友則は途上で没したと考えられている。

蒼野甘夏さんは1973年北海道新篠津村生まれ、北海道女子短期大学工芸美術科を卒業、2011年に「ヤング・アーティスト・ジャパン(Young Artist Japan)」で準優勝、損保ジャパン美術財団選抜奨励賞秀作賞、2014年に道銀芸術文化奨励賞、2013年に「ヴォカ(VOCA)2013」、2015年に第6回日経日本画大賞展に参加している。

阿部観水さんは1988年神奈川県生まれ、2012年に武蔵野美術大学造形学部日本画学科を卒業、卒業時に同大学日本画学科卒業制作選抜作品展、同大学卒業・修了制作優秀作品展に出品、第48回神奈川県美術展に参加、2013年に第21回三菱商事アート・ゲート・プログラムで入選、2014年に山梨学院大学アート・オークションで入選、「アルビオン・アワード(ALBION AWARDS)2014」で入賞、2015年から個展を開いている。

田村星都さんは1980年石川県小松市生まれ、2004年に筑波大学国際総合学類を卒業、毛筆細字三代目の父親、田村敬星(たむら・けいせい)さんに師事し、2007年に石川県立九谷焼技術研修所実習科を修了し、2010年より石川県小松市に工房を構えて制作している。

田中陽子さんは1992年石川県生まれ、2015年に金沢美術工芸大学工芸科を卒業、2017年に同大学大学院美術工芸研究科修士課程を修了、同年に金沢卯辰山工芸工房技術研修者陶芸工房に入所している。2013年に第69回金沢市工芸展エムザ社長賞(2016年に北陸放送社長賞)、現在形の陶芸萩大賞展3(2016年に岩国美術館賞)で佳作、2014年に京展で館長奨励賞、2014年に国際滝富士美術賞で優秀賞、2015年に「マイヤー×信楽大賞」日本陶芸の今一伝統と革新で入選している。

19日は4人とも来場する。20日は田村星都さんと田中陽子さん、22日と23日は蒼野甘夏さん、24日は田中陽子さん、25日最終日は阿部観水さん、田村星都さん、田中陽子さんが来場する。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。入場は無料。

注:「国際滝富士美術賞」の「滝」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。