日比谷「マスカレード」木村拓哉と鈴木監督、最後の舞台挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年2月13日】阪急阪神東宝グループで、映画の制作配給、演劇の興行などの国内最大手、東宝(千代田区有楽町1-2-2、東宝日比谷ビル、03-3591-1221)は2月16日にTOHOシネマズ日比谷(スクリーン12、千代田区有楽町1-1-3、東京宝塚ビル、050-6868-5068)で「マスカレード・ホテル」で主演している木村拓哉さんらによる「舞台あいさつFINAL」を開く。

現在、一般公開中の「マスカレード・ホテル」((C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社)。

1月18日から一般公開され、初週で第1位、26日、27日の第2週も1位、2月2日、3日の第3週で2位、2月9日、10日の第3週で3位と健闘している。興行通信社によると、2月10日までの累計で動員が262万人、興収が33億円を突破しており、東宝では興収50億円を見込んでいる。

このため、16日12時30分の回上映終了後に、監督の鈴木雅之(すずき・まさゆき)さんと主人公の刑事「新田浩介」役の木村拓哉(きむら・たくや)さんが舞台に登場してあいさつをする。

「マスカレード・ホテル」は直木賞作家の東野圭吾(ひがしの・けいご)さんが2008年12月から2010年9月まで月刊誌「小説すばる」(集英社)に連載し、2011年9月10日に集英社より単行本が刊行された同名の小説が原作だ。2014年7月18日に集英社文庫版が刊行され、シリーズ累計で275万部が発行されている。

物語は都内で3件の殺人事件が発生し、現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始され、警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、高級ホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止め、犯人を見つけるため新田がホテルのフロントクラークになりすまして潜入捜査に乗り出し、教育係であるフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づく。

チケットについてはチケットぴあ(https://w.pia.jp/s/masqueradehotel-ba/)を通じて販売しており、13日12時締め切り。料金は一般2000円、大学生・専門学校生1700円、高校生・ジュニア(3歳から中学生まで) 1200円、障がい者1200円、シニア1300円。

コメントは受け付けていません。