加島美術が「美祭」、甲斐庄楠音や蹄斎北馬ら

【銀座新聞ニュース=2019年4月19日】加島美術(中央区京橋3-3-2、03-3276-0700)は4月20日から5月6日まで「美祭選」を開く。

加島美術で4月20日から5月6日まで開かれる「美祭選」のフライヤー。

2007年から開いてきた美術品展示販売の「美祭-BISAI」を、今回から「美祭選」として、年2回、厳選した作品を紹介する、ワンランク上の美術品展示販売イベントにリニューアルしたとしている。

とくに、従来から実施している、ガラス越しではなく、直接、本物を見ることで、紙や墨が持つ独特の質感と佇まいを味わえるようにしている。また、オリジナルの販売カタログも、識者との対談やコラムなど、アートブックのように楽しめる1冊にしている。

「美祭選」に出品される横山大観「林間遅日」。

今回の注目作品は甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと、1894-1978)の「春」、菱田春草(ひしだ・しゅんそう、1874-1911)の「海上ぐ風図(習作)」、長沢芦雪(ながさわ・ろせつ、1754-1799)の「関羽図」、横山大観(よこやま・たいかん、1868-1958)の」という。

他にも、蹄斎北馬(ていさい・ほくば、1770-1844)、富岡鉄斎(とみおか・てっさい、1837-1924)らの近世絵画、大愚良寛(たいぐ・りょうかん、1757-1831)や棟方志功(むなかた・しこう、1903-1975)らによる墨跡、加山又造(かやま・またぞう、1927-2004)や片岡球子(かたおか・たまこ、1905-2008)らによる近代絵画などの作品約90点を展示販売する。

開場時間は10時から18時。入場は無料。トークイベントは事前にHPなどで申し込む。定員が30人で、多数の場合は抽選。22日締め切り。

注:「美祭選」の「選」は正しくは「てへん」を使った旧漢字です。

注:「長沢蘆雪」の「沢」は正しくは旧漢字です。

注:「海上台風図」の「台」は正しくは「風」と合わせた旧漢字です。

コメントは受け付けていません。