ヴァニラで空野菜摘子「大きな瞳のヒロイン」展

【銀座新聞ニュース=2019年6月7日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は6月11日から16日まで空野菜摘子さんによる個展「HEROINE」を開く。

ヴァニラ画廊で6月11日から16日まで開かれる空野菜摘子さんの個展「ヒロイン(HEROINE)」に出品される作品。

2015年の第2回目のヴァニラ画廊大賞展で、ヴァニラ賞を受賞した空野菜摘子(そらの・なつこ)さんが「ヒロイン(HEROINE)」と題して、

空野菜摘子さんは「生きづらさや孤独感、トラウマ、美醜など人間の心の奥底に漂う普遍的で沈鬱な欲望や願望、感情を絵画として、時にポップに、時に辛辣なユーモアを交えて描いて」(ヴァニラ画廊)いる。

2015年以来、3年半ぶりとなるヴァニラ画廊の個展では、これまで制作してきた油絵の作品に加えて、アクリル絵の具を使った新作やドローイングの新作も展示する。「人間が内外に抱く美醜に対してのすべてを肯定するかのような、愛と美の退廃の女神、大きな瞳の現代的なヒロイン像」を描いている。

空野菜摘子さんは1989年生まれ、神奈川県横浜市で育ち、多摩美術大学絵画油画専攻を卒業、イラストレーターとして活動しながら、自らも制作し、とくに女の子を描くのが好きという。2014年に第2回ヴァニラ画廊大賞でヴァニラ賞、2015年にヴァニラ画廊で個展「イコン(icon)」を開いている。

開場時間は12時から19時(土曜日・祝日17時)で、入場料は500円。会期中無休。

コメントは受け付けていません。