丸善丸の内で初沢勉陶器展、飽きない作品

【銀座新聞ニュース=2019年9月25日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は9月25日から10月1日まで4階文具売場イベントスペースで初沢勉さんによる陶器展を開いている。

丸善・丸の内本店で10月1日まで開かれている初沢勉さんの陶器展に出品されている作品。

長野県佐久市で陶器を制作する陶芸家の初沢勉(はつざわ・つとむ)さんは「シンプルだけど深みがあって飽きのこないやきものを心がけて作って」おり、今回は新作を中心に展示販売する。

初沢勉さんは1968年千葉県生まれ、1982年から1998年までアメリカで暮らし、1992年にアメリカのロードアイランド・スクール・オブ・デザインを卒業し、1998年に帰国し、2004年に多治見工業高校専攻科陶磁科学芸術科を修了し、2004年から2009年まで八ヶ岳高原ロッジで陶芸工房講師を務め、2009年から長野県佐久市で制作している。

開場時間は9時から21分(最終日は17時30分)。

注:「初沢勉」の「沢」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

コメントは受け付けていません。