グランイート、築地場外でドライブスルー八百屋、毎週水・日に

【銀座新聞ニュース=2020年5月11日】千葉県と茨城県の農家が共同で設立し、レストラン「グランイート銀座」を運営するグランイート(中央区銀座西2-2、銀座インズ2、03-6228-7283)は5月13日から水曜日と日曜日に築地場外市場で「ドライブスルー八百屋」をはじめる。

グランイートが5月13日から毎週、水・日曜日に「ドライブスルー八百屋」の受け渡し場所となる築地場外市場の「東京促成青果」。ネットで予約と決済をすますので、この軒先では商品を渡すだけ。

5月1日から6日までレストラン「グランイート銀座」で提供するはずの野菜を、新型コロナウイルスの影響で3月1日から休業したことから、ネットで注文を受け付け、築地場外市場で「ドライブスルー八百屋」を試験的にはじめた。

6日間で2000件以上の注文を受けたことから、13日から毎週、水曜日と日曜日に定期的に「ドライブスルー八百屋」を開設することを決めた。

今回の「ドライブスルー八百屋」の取り組みは農産物や日用品を販売するLDHファーム(中央区銀座8-14-14、銀座昭和通りビル)、会員制通販「やっちゃば倶楽部」を運営するマイファーム(東京事務所・港区三田2-14-5、フロイントゥ三田)、農産物のネット販売を手掛けるザファーム(千葉県香取市西田部1309-29)と協力して行うもので、毎週2回10時から17時まで築地場外市場の「東京促成青果」(中央区築地6-23-7)の軒先で販売する。

サツマイモの寝かせ職人の阿部力男さん。グランイートの「ドライブスルー八百屋」の野菜セットには、阿部力男さんの育てた400グラムのサツマイモが1本入っている。

セット内容は1)「阿部力男(あべ・りきお)のサツマイモが入った野菜バッグ12品」(4キロ、税別2380円)は、阿部力男のサツマイモLサイズ1本(約400グラム)、じゃがいも(4個)、玉ねぎ(2個)、ニンジン(2本)、ミニトマト1パック(約130グラム)、フリルレタス1束、キュウリ3本、マッシュルーム1パック、ねぎ2本、大根1本(約1キロ)、小松菜1束、チンゲン菜1束。

2)「野菜バッグ12品+米(山形県産つや姫)2キロ」(3900円)は1)の野菜バッグに、精米したての山形県産つや姫が付いている。

3)「果物ボックス 山形さくらんぼ&高級アールスメロン&いちご」(2980円)は、豊洲と築地で選んだ果物を詰め合わせている。

予約は3社のウエブサイトから行い、決済までする。予約時間が指定され、築地場外市場にその時間に来れば、受け取ることができる。

3社の予約サイトはLDHファーム(https://www.ldhfarm.co.jp/product/)、マイファーム・やっちゃば倶楽部(https://yacchaba.club/)、ザファーム(http://thefarm.shop-pro.jp/)。

また、予約しても、受け取りに来れない場合は、注文者側が配送料を負担すれば、配送もしてもらえる。

コメントは受け付けていません。